業績予想の修正に関するお知らせ

株式会社フラクタリスト 2008年02月12日

最近の業績の動向等を踏まえ、平成19年9月26 日の決算期変更公表の際に発表いたしました、平成19 年12 月期(平成19 年8月1 日 ~ 平成19 年12 月 31日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。

1.平成19年12月期連結通期業績予想数値の修正(平成19年8月1日~平成19年12月31日)
(金額の単位:百万円)
売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
売上高:299 営業利益:△149 経常利益:△156 当期純利益:△191
今回修正予想(B)
売上高:346 営業利益:△128 経常利益:△134 当期純利益:△168
増減額(B)-(A)
売上高:47 営業利益:21 経常利益:21 当期純利益:22
増減率(%)
売上高:15.7% 営業利益:― 経常利益:― 当期純利益:―
※平成19年12月期は、平成19年8月1日から平成19年12月31日までの5ヶ月の変則決算となります。

2.修正の理由
平成19年12月1日のngi mobile株式会社との合併によって新たに当社事業に加わりましたモバイルマーケティング事業において、販売が好調であったため、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益において当初予想を上回る見込みとなりました。


※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき算出したものであり、今後様々な要因により実際の業績が記載の予想数値と異なる可能性があります。

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フラクタリストの関連情報

株式会社フラクタリスト

株式会社フラクタリストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!