学園人気No.1バンドで始まる、ドキドキのシンデレラストーリー! 女性向けゲームの『らぶ★乙女ゲーNo.1』 WEBゲーム『はちみつ☆協奏曲』サービス開始のお知らせ

日本エンタープライズ株式会社 2008年02月13日

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ公式サイト『らぶ★乙女ゲーNo.1』にて、新作WEBゲーム『はちみつ☆協奏曲』を、2月13日(水)よりサービス開始いたします。
 同ゲームは、学園の人気No.1ビジュアル系バンドを舞台に、普通の女子高生「実香」が成長していくラブコメディとなっております。
 今後も、『らぶ★乙女ゲーNo.1』では、他のサイトでは味わえない、女性のための“楽しさ”と“ときめき”を提供してまいります。




■新コンテンツの概要
~イケメン揃いのビジュアル系バンドに加入!?学園ラブコメディ★~
『はちみつ☆協奏曲』の主人公「実香」は普通の女子高生。ある朝、電車の中で起きた事件をきっかけに自他共に認める学園No.1ギタリスト「瑛一郎」と出会い、メジャーデビューも目前といわれているほど人気のあるビジュアル系バンド「ブラッドベリー」へ加入させられてしまいます。
個性的なバンドのメンバーたちや、「実香」を目の敵にするライバルバンド。
笑いあり、涙あり、恋ありのドキドキシンデレラストーリーを、文化祭までの全10話でお届けいたします。



■対応機種
iモード:FOMA700i、701i、702i、703i、704i、705i、900i、901i、902i、903i、904i、905iシリーズ
EZweb: WIN端末※
Yahoo!ケータイ:国内3G端末※
※一部、非対応機種を除く



■アプリ利用料金
100ポイント(1話につき)
※月額315円(税込)コースで300ポイント付与
月額525円(税込)コースで525ポイント付与



■サイト基本情報
●サイト名称:らぶ★乙女ゲーNo.1
●アクセス方法
iモード [iMenu]⇒[メニュー/検索]⇒[ゲーム]⇒[シミュレーション]⇒[らぶ★乙女ゲーNo.1]
EZweb [au oneトップ]⇒[カテゴリ検索]⇒[ゲーム]⇒[美少女・乙女ゲーム]⇒[らぶ★乙女ゲーNo.1]
Yahoo!ケータイ [Yahoo!ケータイ]⇒[メニューリスト]⇒[ケータイゲーム]⇒[恋愛・美少女ゲーム]⇒[らぶ★乙女ゲーNo.1]
●情報料:月額課金:315円(税込)から  ポイント制(無制限繰越)※
     (キャリアによっては、一部従量課金のコンテンツもございます)
●提供:日本エンタープライズ株式会社  (リンク »)
●PCサイト: (リンク »)

※ サイト閲覧、ゲームダウンロード時には別途通信料が必要です。
※「iモード」「iMenu」は、株式会社エヌ・ティ・ティドコモの商標または登録商標です。
※「au one」は、KDDI株式会社の登録商標です。
※「Yahoo!」は、米国Yahoo! Inc,の商標または登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。



■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 総務部 広報・IR課 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL: ir@nihon-e.co.jp

日本エンタープライズPR事務局(ランドジャパン内) 【担当:久保・渡邊】
TEL:03-5793-3500  FAX:03-5793-3511  MAIL: nihon-e_pr@rd-j.com

【一般の方】
日本エンタープライズ株式会社 サポートセンター
TEL:03-5326-3560  MAIL: otme-i-q@nihon-e.co.jp

【『らぶ★乙女ゲーNo.1』『はちみつ☆協奏曲』に興味のある企業・団体の方】
日本エンタープライズ株式会社 コンテンツビジネス部 【担当:小峯】
TEL:03-5774-4601  MAIL: content_biz@nihon-e.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

はちみつ☆協奏曲

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!