デザインが気にいらない場合「0円」 ロゴデザインに特化したサイト

「ロゴAC」が完全リニューアル

アドアチーブ株式会社 2008年02月15日

グラフィックデザインを手掛けるアドアチーブ株式会社は、 企業・店舗・商品などのロゴデザインに特化したデザインサービスサイト『ロゴAC』を完全リニューアル。プロのグラフィックデザイナーによる高いクオリティを保証。デザインが気に入らない場合は費用をいただかないという。

グラフィックデザインを手掛けるアドアチーブ株式会社(大阪市中央区 代表取締役:中野 由仁)は、企業・店舗・商品などのロゴデザインに特化したデザインサービスサイト『ロゴAC』を完全リニューアルした。

(リンク »)


今回のリニューアルでは、業種毎にロゴマークの制作実績が紹介されており、非常に閲覧しやすく改善されている。また、支払い方法も追加され、より利便性が高まっている。

企業のイメージ戦略やブランド戦略が注目される中、予算を潤沢に用意できる大企業を除けば、なかなかデザインに予算を使うことは難しい状況だ。多くの中小企業や設立したばかりのベンチャー企業などは、そのブランド戦略におけるロゴデザインの重要性に気付いていながら、予算や手間の関係上、自社のコンセプトに合った高いクオリティのロゴマークを作ることができない。

アドアチーブ株式会社では、そのような現状を踏まえ、自社がこれまで培ってきたノウハウや実績などをベースに、サイトのリニューアルを行った。

同社では既に上場企業を含む多数の企業ロゴや店舗ロゴ、及び商品ロゴのデザインを行っており、受賞実績等、経験と才能を兼ね備えたデザイナーを多数揃えている。

インターネットを活用した販売形態により、デザイン業務以外のコストを出来る限り抑えることで、1点につき5万円からという金額で高いクオリティを持つオリジナルロゴマークを提供する。

何よりも、お客様がデザインを気に入らない場合は代金を戴かないという基本姿勢は、高いクオリティを保証するものだ。

(リンク »)

サービスの概要・料金は下記の通り

■プラン及び料金
【Light】
デザイン案:3案
修正回数:2回まで無料
納品数:1点
価格:50,000円
納品:ロゴマークのみ

【Standard】
デザイン案:6案
修正回数:4回まで無料
納品数:1点
価格:98,000円
納品:ロゴマークのみ

【Standard.Pro】
デザイン案:15案
修正回数:修正無制限
納品数:1点
価格:190,000円
納品:ロゴマークのみ

【Executive】
デザイン案:ロゴマーク25案、ロゴタイプ3案
修正回数:修正無制限
納品数:1点
価格:1,000,000円
納品:ロゴマーク・ロゴタイプ
※CI、VIの企画、プレゼンテーション料金を含みます。

【Type.Pro】
デザイン案:3案
修正回数:4回まで無料
納品数:1点
価格:50,000円
納品:ロゴタイプのみ

【Special.Pro】
デザイン案:3案
修正回数:4回まで無料
納品数:1点
価格:98,000円
納品:ロゴマーク、ロゴタイプ

■納品形態
ロゴマークはAI形式・JPG形式・EPS形式・PDF形式と4種類のロゴマークデータをCD-ROMに入れて納品される。納品後は印刷会社様やWEB会社様等への貸し出し等に利用でき、同様に指定色の指示を記載したコンセプトシートも納品される。


アドアチーブ株式会社では、この『ロゴAC』以外にも、WEBサイトや会社案内のデザイン・作成、社章・社章バッジ、封筒、紙袋、名刺など会社のブランドを構築する上で必要な全てのプロダクツのデザイン・作成を行っており、作成したロゴとこれらのサービスを組み合わせることで、より有効的なブランド戦略の構築が可能だ。


<姉妹サイト>

筆文字ロゴマーク
(リンク »)

キャラクターデザイン
(リンク »)


【本件に関するお問い合わせは以下まで】
■会社名:アドアチーブ株式会社
■担当:田原
■E-mail:info@ac-logo.com
■電話:06-6281-5103
■URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドアチーブ株式会社の関連情報

アドアチーブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?