日本SGI が米ISC社と総販売代理店契約を締結 対話型並列計算プラットフォーム「Star-P」を国内販売

HPCサーバでデスクトップの数値解析ツールを高速並列処理

日本SGI株式会社 2008年02月21日

日本SGI 株式会社(社長:和泉 法夫、本社:渋谷区恵比寿)は米インタラクティブ・スーパーコンピューティング社(Interactive Supercomputing, Inc.、略称=ISC、マサチューセッツ州)と国内総販売代理店契約を締結し、同社が開発・販売している対話型並列計算プラットフォーム「Star-P®」の国内向け販売を開始しました。

Star-PはThe MathWorks社のMATLAB® などの数値解析ツールをHPC(High Performance Computing)環境で動作させることができ、デスクトップ・コンピューティング環境では不可能な大規模データの高速計算処理を実現するプラットフォーム注1)です。
これにより、デスクトップにおけるリソースの限界を超えて、精度の高いシミュレーションを高速かつ手軽に実行できるようになります。

Star-Pは、これまで国内においては、米国SGI 社とISC社とのOEM契約に基づきSGI Altix®サーバ上で提供してきましたが、今回、日本SGI が独自にISC社と国内総販売代理店契約を締結したことにより、米国SGI 製品に限らずPCクラスタ用や各種サーバ向けにも広く提供していきます。
日本SGI はHPC分野での豊富な経験を活かして、画像および信号処理分野、ライフサイエンス、医療、分子工学、さらに金融工学などの分野にStar-Pを提供すると共に、同ソフトウェア製品の販売だけでなく、トータルなサポート・サービスもあわせて提供していきます。

科学技術分野の研究者やエンジニア、そして経済アナリストに至るまで、各分野での問題や課題を解決するためには、数値計算によるアルゴリズム(算法)やプログラムの開発が不可欠です。そのため現在では、容易にプログラム開発が行え、しかもシミュレーションも可能なMATLABなどの数値解析ツールが幅広く使われています。
しかし計算対象となる問題が高度化・複雑化する一方で、デスクトップ・コンピューティング環境用の数値解析ツールでは、メモリ容量とシングルプロセッサによる計算リソースの限界があるため、大規模なデータを並列計算によって高速に処理できる環境が求められていました。
Star-Pはこのような要求に応えたプラットフォームで、MATLABなどデスクトップ・コンピューティング環境に対応した対話型数値解析ツールの計算コア部分を、HPCサーバにおいて高速に並列計算処理させることができます。

Star-Pは、数値解析ツールをデスクトップのクライアント環境とHPCのサーバ環境に対応させ、クライアントのツールをHPCサーバに透過的にリンクさせます。これによって、コマンドや関数を自動的に並列化してHPCサーバで処理し、高い操作性や使いやすいユーザ・インタフェースを継続しながら、これまでは扱うことが不可能だった大規模な問題も高速処理することができます。

通常、HPCサーバで並列計算を行うためには、C++やFORTRANなどのプログラムをHPCサーバに移植して並列化する必要があり、これらの移植作業には数カ月から数年というような工数を要しています。しかしStar-Pを導入することで、ユーザはこれらの作業負荷から完全に解放され、通常のデスクトップツールを使うのと同様に、手軽に大規模な並列計算パワーを利用できます。

またデスクトップ・コンピューティングは、ユーザが手軽に問題を処理することが可能ですが、プロセッサやメモリ容量に限界があります。一方、HPC環境はプログラムの並列化により高速・大容量処理が可能ですが、操作にはコンピュータの専門的な知識が求められます。
これらに対しStar-Pは、デスクトップ・コンピューティング環境の容易な操作性とHPCの高速処理性能をあわせて実現することができます。

Star-Pは現在MATLABなどに対応していますが、将来的には、より多様な言語やソフトウェアへも対応していく計画です。

<標準価格>
Star-Pの年間利用ライセンス費用は、4ソケット(CPU)で1,565,000円から。
(アカデミック価格あり)

注1):マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者と米国SGIのエンジニアが共同開発した並列計算プラットフォームです。

<ご参考>
海外は、次のような活用事例があります。詳細は、以下のISC 社Webの事例をご参照ください。。
(リンク »)

●分子シミュレーション分野における活用
精密な分子シミュレーションを行うには大規模な行列データを計算する必要がありますが、デスクトップ・コンピュータの限られたリソースでは、十分な大きさのデータを扱う事ができません。そこでStar-Pを利用することで、デスクトップでは処理できない大規模な問題を高性能な並列処理サーバで計算し、シミュレーションの精度が大幅に向上しました。
また、最低6ヶ月は要するようなC言語やMPIを使用しての再プログラミング作業を排除することができました。(16プロセッサのSGI Altix サーバを利用した事例)
(リンク »)

●計算生態学における活用
カリフォルニア大学サンタバーバラ校の計算生態学での事例では、大規模なデータセットを扱い、通常3日間ほど処理に掛っていた問題を8プロセッサ/32GBのサーバで15分に短縮。
他に、有限要素法を用いた医療アプリケーションの事例では、8プロセッサのサーバにおいて10から100倍の高速化を実現したなどの事例が報告されています。

<関連情報>
Star-P
インタラクティブ並列計算プラットフォーム

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR