2ヶ月無償提供、占いASPサービス「WebAdFortuneASP」の販売を開始

株式会社GT-Agency 2008年02月27日

株式会社GT-Agencyは、占いASPサービス「WebAdFortuneASP」の販売を3月より開始いたします。

株式会社GT-Agency(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村井智建。以下、GT-Agency)は、占いASPサービス「WebAdFortuneASP」の販売を3月より開始いたします。

GT-Agencyではこれまでに300社以上の企業様に対して占いコンテンツや心理テストコンテンツを提供してまいりました。当占いASP「WebAdFortuneASP」は、当社がこれまで培ってきたコンテンツ配信のノウハウをまとめ、スピーディー・大ボリューム・安価に、クオリティの高い占いコンテンツを提供することを目的としております。

「占いや心理テストコンテンツを自社サービスの中で利用してみたいけど、いまいち効果が見えないから、、、」というように占いコンテンツの採用にいまいち踏み切れない企業様も、2ヶ月間の無償提供期間を設けさせていただきますので、ぜひご利用いただきたい占いASPです。

■占いASPサービス「WebAdFortuneASP」の概要

<コンテンツ提供形式について>

ASP形式にて当社の占いコンテンツを提供させていただきます。

<占いASPのカスタマイズ可能範囲>

ヘッダー・フッダーはご自由にカスタマイズいただけます。
なお、メンテナンスの保障外となりますが、ソースごと全体的にカスタマイズしていただいてもかまいません。
デザイン等もご自由にカスタマイズいただけます。

<占いコンテンツと費用について>

・毎日更新の今日の運勢(12星座版)
 -西洋占星術を活用した12星座の今日の運勢
 -30,000円/月額

・毎日更新の今日の運勢(九星気学版)
 -九星気学を活用した九星にのっとった今日の運勢
 -30,000円/月額

・毎週更新の相性占い
 -西洋占星術を活用した相性占い
 -30,000円/月額

・毎月のイベントやテーマにそった今月の運勢
 -西洋占星術を活用した12星座占い
 -10,000円/月額

・特に女性に大人気のタロット占い
 -タロット占いを活用し、総合運・恋愛運・仕事運・金運を占う4種類。
 -30,000円/月額

・占い関連のキーワードで検索回数ナンバー1の夢占い
 -250以上の夢占いのキーワード。
 -30,000円/月額

・エンタメ系の占い&診断
 -西洋占星術・タロット占い・カバラ数秘術・血液型占いを活用した、
  思わず人に教えたくなるような面白い占い。
 -基本提供で10本+毎月3本追加。
 -30,000円/月額

・定番の心理テスト
 -基本提供で50問+毎月8問追加。
 -30,000円/月額

・開運に導く風水
 -日替わり開運風水術
 -風水を身近にする風水エッセイ(毎月5本追加)と風水心理テスト(毎月5本追加)
 -30,000円/月額

<費用について>

初期2ヶ月間は2コンテンツまで無償にて提供させていただきます。
なお、3ヶ月目以降はコンテンツ数に応じて請求させていただきます。

■関連URL

・株式会社GT-Agency  (リンク »)
・本リリースURL  (リンク »)

■株式会社GT-Agency 概要

〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-17-5シオノギ渋谷ビル8Fガイアックス内

事業内容:占いや心理学に特化した企画・構築、提供・運営

株式会社GT-Agencyは占いコンテンツや心理テストコンテンツに特化したサービスを企画・構築し企業様向けに提供させていただいております。現在300社を超える企業様に対してコンテンツを提供しております。

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社GT-Agency営業担当宛
TEL:03-3498-1881
FAX:03-5464-0303
Mail:gt-info@gt-agency.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社GT-Agencyの関連情報

株式会社GT-Agency

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?