@NetHome・ZAQ、スケジュール管理ツール『@myカレンダー』 の機能を拡充

「健康メモ」「おさいふメモ」

関西マルチメディアサービス株式会社 2008年04月01日

アットネットホーム株式会社(@NetHome、本社:東京都港区、代表取締役社長:地平茂一)と関西マルチメディアサービス株式会社(ZAQ、本社:大阪市北区、代表取締役社長:今川哲夫)は、ケーブルインターネット加入者向けポータルサイトにおいて、カレンダーをベースとしたスケジュール管理ツール『@myカレンダー』に新機能の拡充を行い、2008年4月1日より正式版として提供を開始します。

 『@myカレンダー』は、インターネット上で利用できるスケジュール管理ツールとして2007年12月からベータ版サービスにて提供しておりますが、この度新たに健康管理機能「健康メモ」と家計簿機能「おさいふメモ」の2機能を追加します。両機能は、ケーブルインターネットの主要ユーザーであるファミリー層を主なターゲットとしており、他社ISPが提供しているスケジューラーと差別化すべく、日々の健康状態や家計の管理など、ユーザーの生活により密着したスケジュール管理ツールとして提供します。


今後は更なる機能強化を図り、家族等のグループでの利用が可能な「グループ機能」、「お気に入りのTV番組登録」「自己管理型医療(有料予定)」等、ケーブルインターネットユーザーの生活スタイルに合わせた、生活に便利で役立つサービスを目指します。


@NetHomeとZAQはケーブルインターネットユーザーに向け、ニュース、ゲーム、占い、アニメ、芸能・お笑い、病院検索や観光スポットなどの地域・生活密着情報、SNSなど、多彩なジャンルにわたる100タイトル以上のコンテンツを提供しています。今後もケーブルインターネットユーザーの関心の高いケーブルテレビ番組と連動したコンテンツや、地域の生活に密着したコンテンツを充実させて参ります。尚、当加入者向けポータルサイトは、アットネットホーム株式会社と関西マルチメディアサービス株式会社の2社による共同運営です。現在、コンテンツの利用可能世帯数は約250万世帯です。


<サービス概要>
■拡充サービス
 ・「健康メモ」
 基本的な身体の情報(体重、身長、血圧など)を毎日入力し、週・月単位で健康状態のチェックが可能です。また、糖尿病で通院している方が使われている「糖尿病手帳」の項目入力もサポートしているため、対象ユーザーのサポートツールとしてお使い頂けます。
 ・「おさいふメモ」
 毎日の支出を登録することで、収支状況を日・月単位の一覧表や、月・年単位の詳細なグラフで把握できます。また、月間予算や貯金機能を活用し、楽しく収支管理が行えます。

■既存サービス
 ・1日24時間の予定表の入力機能
 ・月、週、日ごとの表示機能
 ・入力スケジュールのお知らせ機能(メール送信機能)
 ・携帯電話からの入力、閲覧機能

■利用対象者
 全国の提携ケーブルテレビ局のケーブルインターネットユーザー約250万世帯

■利用料金
 無料


●会社概要
アットネットホーム株式会社について  (リンク »)
J:COMグループのインターネット接続サービスプロバイダーです。全国157局のケーブルテレビ局と提携し、インターネット接続サービス、IP電話サービス、デジタルコンテンツ配信サービス、緊急地震速報サービスを提供しています。2008年2月末のケーブルインターネット接続サービス加入世帯数は約90万世帯です。


関西マルチメディアサービス株式会社について  (リンク »)
J:COMグループのインターネット接続サービスプロバイダーです。関西2府3県(大阪府、兵庫県、和歌山県、京都府、滋賀県)25局のケーブルテレビ局と提携し、「ZAQ」(ザック)というサービスブランドにて、ケーブルインターネット接続サービスを提供しています。2008年2月末のケーブルインターネット接続サービス加入世帯数は約48万世帯です。

このプレスリリースの付帯情報

『@myカレンダー』トップ画面

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

関西マルチメディアサービス株式会社の関連情報

関西マルチメディアサービス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?