フォーティネットとAlterPointがパートナー提携を発表 企業ネットワークセキュリティに先進的な管理ソリューションを提供

AlterPointがフォーティネットのグローバルアライアンスパートナープログラムに参加 両社の協力により、マルチベンダネットワーク環境における管理の複雑性を軽減

フォーティネットジャパン株式会社 2008年04月01日

Unified Threat Management/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet<R>(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、オープンなネットワーク管理ソフトウェアの主要プロバイダであるAlterPoint,Inc.(以下、AlterPoint)とのグローバルな提携を発表しました。今回の提携により、企業やMSSP(マネージド セキュリティ サービス プロバイダ)は、高い信頼性と管理の容易性を保ちながら大規模なフォーティネット製品の導入を行えるようになります。

この度のパートナーシップは、フォーティネットの複合脅威セキュリティプラットフォームFortiGate<TM>と、AlterPointのネットワーク自動化、変更、コンフィギュレーション管理ソリューションであるNetworkAuthorityの統合を目的としています。両社の提携により、500台以上ものネットワークコンポーネントにより構築される、マルチベンダネットワーク環境に導入されたフォーティネット製品の管理を、高速化および簡素化することができます。フォーティネットとAlterPointは両社のソリューションの相互運用性を保証する広範な検証およびテストを完了しました。


このパートナーシップの一環としてAlterPointは、フォーティネットのグローバルアライアンスパートナープログラムに参加します。このプログラムは、ネットワーク機器製造業者、コンサルティング会社、サービスプロバイダ、国際的なシステムインテグレータ、その他のテクノロジー企業によるエコシステムで構成され、顧客を既知・未知の脅威から保護するフォーティネットのUTMソリューションを補完および拡大するものです。南北アメリカおよびアジアのネットワーク管理市場で大きな存在感を持つAlterPointは、事業を全世界へ拡大するという目標を掲げるフォーティネットにとって、 重要な役割を担っています。


フォーティネットの製品担当副社長、アンソニー ジェームズ(Anthony James)は次のように述べています。「あらゆる規模の企業が、必要不可欠なセキュリティ機能が1台のアプライアンスに統合されることでもたらされるセキュリティや運用コスト面におけるメリットを実感するようになってきたため、市場でのUTMソリューションの導入は継続的に増加しています。AlterPointとの協業を通じ、私たちはFortiManager<TM>を補完および拡張する、包括的なデバイス管理ソリューションを顧客に提供できるようになるとともに、大規模かつ多様性に富んだネットワーク環境をサポートするのに欠かせない拡張性と柔軟性を実現します」


フォーティネットとAlterPointの協業により、次のようなメリットがもたらされます。

●拡張性:
何千ものフォーティネットのデバイスを持つネットワーク全域に関するネットワーク分析、デバイス構成、管理、およびレポーティングを一元管理します。


●自動化:
フォーティネットのデバイス全体に対するOSの配信、設定のプロビジョニング、パスワード変更における能率が上がるだけでなく、デバイスの発見、バックアップ、ソフトウェアイメージ保存の効率も向上します。


●ポリシーに準拠したガバナンス:
フォーティネットの全ネットワークデバイスの構成を内部標準および外部規制に対して、確実に適合したものにします。


●マルチベンダのサポート:
フォーティネットのデバイスをマルチベンダネットワークインフラ上で管理および導入できるようにします。またHP、シスコ、IBM、EMCおよびBMCのネットワーク構成、変更、障害、パフォーマンス管理製品との統合をサポートします。


AlterPointのCEOであるスコット ハーモン(Scott Harmon)氏は次のように述べています。「UTMが引き続き成長を続ける一方で、顧客の複雑なネットワーク環境の中で、デバイスを大規模に導入および管理する際の課題も増大しています。AlterPointのNetworkAuthorityソリューションをフォーティネットのFortiGateプラットフォームと組み合わせることにより、重要なネットワーク資産の保護とコンプライアンスを強化したいと願う企業やMSSPにとって、大きな価値と競争力をもたらすでしょう」


フォーティネットとAlterPointの相互協力により、共同での営業活動、マーケティング、プロフェッショナルサービスを展開していきます。フォーティネットとAlterPointとのアライアンスの詳細は (リンク ») をご覧ください。


フォーティネットは、独自のASIC技術により高速化されたセキュリティアプライアンスを提供しており、それらはセキュリティ強化とTCO(総所有コスト)の削減のために企業やサービスプロバイダで使われています。フォーティネットのソリューションは複数のレベルのセキュリティ保護(ファイアウォール、アンチウイルス、不正侵入防御、VPN、Webコンテンツフィルタリング、スパイウェア防止、アンチスパムなど)が統合されており、顧客をネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から保護できるように設計されています。フォーティネットは、主力商品であるFortiGate<TM>製品ファミリーを通して、セキュリティアプリケーションおよびサービスの柔軟かつ拡張性の高いプラットフォームを提供しており、顧客は本社やデータセンター環境と同等の包括的な保護を、遠隔地においても展開および集中管理できます。


●AlterPoint会社概要 ( (リンク ») )
AlterPointのネットワークガバナンスソリューションはネットワーク投資を最適化し、あらゆるITビジネスの要求に適合するものにします。世界中の多くの一流企業がAlterPointを使い、運用コストの抑制、特殊業務の軽減、規制順守対応コストの削減、ネットワークサービスの可用性の向上を実現しています。AlterPointのオープンで包括的なネットワーク構成管理データベース(CMDB)は運用データおよびビジネスデータを併用して、ネットワークの変更、規制順守、セキュリティ、機器サイクルの自動化、分析、最適化を行います。影響評価、迅速なトラブルシューティング、規制順守スコアボードおよびトレンド分析を提供するAlterPointのカスタマイズ可能な分析およびダッシュボードによって、様々な立場の顧客が恩恵を受けています。AlterPointは2001年に設立され、米国テキサス州オースティンに本社を置いています。詳細についてはwww.alterpoint.com/をご覧ください。


※フォーティネットの名称はFortinet,Inc.の登録商標です。Fortinet、FortiGate、FortiOS、FortiAnalyzer、FortiASIC、FortiAnalyzer、FortiCare、FortiManager、FortiWiFi、FortiGuard、FortiClient、およびFortiReporterはFortinetCorporationの米国およびその他の国における登録商標です。その他製品名などはそれぞれ各社の登録商標です。

用語解説

フォーティネット会社概要 ( (リンク ») )
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから6種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR