アバイア、IVRシステムとエンタープライズ・ボイスポータルの マジック・クアドラントにおいて、リーダー・クアドラントに位置付けられる

日本アバイア株式会社 2008年04月10日

<米国 4月7日発表 プレスリリース抄訳>

企業向けコミュニケーション・ソフトウェア、システムおよびサービスのリーディン
グ・プロバイダーである米アバイア・インク(以下「アバイア」)は、ガートナー社
が発行したIVR(音声応答システム)およびエンタープライズ・ボイスポータル分野
における2008年度のマジック・クアドラント・レポートにおいて、同社がリーダー・ク
アドラントに位置付けられたと発表しました[1] 。ガートナーは業界の調査・分析に
おけるリーダー企業であり、ガートナーのマジック・クアドラント・レポートは、ベン
ダー各社をビジョンの完全性と実行能力に基づいて、リーダー、チャレンジャー、ビ
ジョナリー、ニッチ・プレイヤーの各クアドラントに配置するものです。

アバイアは2つのIVRプラットフォームであるAvaya Voice PortalとInteractive
Responseを含め、コールセンターを対象としたフルラインの音声セルフサービス・ソ
リューションを提供し、また音声対応セルフサービスを対象とした開発ツールAvaya
Dialog Designerを無償で提供しています。

アバイアのカスタマー・サービス・アプリケーションズ部門、プロダクト・マネジメ
ント担当ディレクターのマイケル・ペリー(Michael Perry)は「ガートナー社に
よってリーダー・クアドラントに位置付けられたことは、Webベースのサービスを、
音声によるセルフサービス・ソリューションに変えるというアバイアの戦略の正しさ
を立証するものです。2008年にはこの戦略をさらに加速し、セルフサービスでもエー
ジェントが対応する場合でも一貫したサービスをさらに容易に提供できる機能を提供
します」と述べています。

アバイアのIVRおよびボイスポータル・ソリューションを活用している企業には、小
切手認証会社のCertegy Check Servicesや、モータースポーツの有数のプロモーター
であるInternational Speedwayがあります。Certegy Check ServicesはAvaya
Interactive Responseを小切手認証業務に導入しています。加盟店は自動音声サービ
スを通じて電話経由で取引情報を簡単に入手し、顧客の小切手を確認することで、購
入手続を効率化できます。

アバイアのセルフサービス・アプリケーションには、以下の製品があります。

●Avaya Voice Portal - オープンな規格であるWeb技術とIPテレフォニーを
組み合わせ、サービス指向アーキテクチャ(SOA)内でセルフサービス・アプリケー
ションを構築するソフトウェア・プラットフォームです。

●Avaya Interactive Response - 既存のソフトウェアおよびハードウェア
によるアーキテクチャとアプリケーションを活用し、タッチトーンまたは音声認識を
通じて顧客対応を自動化する標準ベースのセルフサービス・プラットフォームです。

●Avaya Dialog Designer - 従来のテレフォニーとWebサービス環境の両方
において音声セルフサービス・アプリケーションの開発期間を早め、コスト効率の高
い手段を企業に提供するツールです。

[1] 出典:Gartner ”Magic Quadrant for IVR Systems and Enterprise Voice
Portals, 2008.″Steve Cramoysan, Rich Costello 18 February 2008


アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・ソリュー
ションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コミュニケー
ション、コンタクトセンター向けソリューション、Communications-Enabled
Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE 500(TM)社の90%を含む世界の100万社以上の企業に採用されています。また、アバイア・グローバル・サービス
はあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供しています。
詳細は、アバイアのWebサイト (リンク ») をご覧ください。
日本アバイアについては、 (リンク ») をご覧ください。

* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。


マジック・クアドラントについて
本マジック・クアドラントは、2008年2月18日にガートナーが著作権を有しており、
その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間に
おける、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定
義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガー
トナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された
特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リー
ダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの
利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・
ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナー
は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一
切の保証を行うものではありません。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は
個々の商標権者に帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!