フラグメンテーションでハードドライブの寿命が短命になることを避ける方法

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年05月01日

技術関連編集者各位

インド、ムンバイ発--(ビジネスワイヤ)--コンピューターが当たり前に行っている「ファイルを多数の断片(フラグメント)として保存する方法」、すなわち、ファイル・フラグメンテーション(ファイル断片化)が、コンピューターシステムの性能や応答速度を大幅に低下させていることはご存じかもしれません。しかし、断片化がコンピューターハードウェア、とりわけ、ハードディスクの命取りとなる可能性があることには気が付いていないのではないでしょうか。

ファイル断片化は、ファイルシステムがハードディスクを最大限利用しようとする結果起きる不幸な副作用なのです。ファイルを断片として保存することは、ハードディスクのほぼ全ての領域が使用可能ということになり、もし複数のファイルが1つの断片として保存された場合、無駄な領域が大量に残されることを、意味しています。しかしながら、ハードディスクの使用を改善しようとする解決法は、ハードディスクを徹底的に酷使する結果となっています。

その理由は、断片化されたファイルにアクセスするために、コンピューターは、各ファイル断片を1つずつ捜し出す操作を余儀なくされるからです。ファイルが数十、数百、あるいは数千もの(こうした例が通常ですが)断片に分断化されている場合、ハードディスクを文字通り「むち打つ」ことは非常に劇的であり、また簡単にハードディスクの寿命を縮めることができるのです。

たいていのユーザーは、ハードディスクが実際に機能停止するまで待たないでしょう。ハードディスクが遅くなり始めると、ハードディスクを取替えるでしょう。こうしてハードディスクの耐用期間を早期に終わらせることで、ハードディスクの寿命を短くしています。

個人ユーザーにとって、ハードディスクを酷使して、停止に追い込むことは、家族写真のような貴重なファイルが失われてしまうことを考慮しないまでも、費用が掛かる可能性があります。多数のコンピューターや、全社規模のネットワークを保有する企業にとっては、生産時間やデータの喪失および、ハードウェアの取替えコストなどによる深刻な金銭的損害を被る可能性があります。いずれの場合でも、デフラグ(断片化の解消)ソリューションに比較的小額なコストを支払う「わずかな予防が万の治療の労を省く」ことになります。この場合、ハードディスクの取替えを意味します。

デフラグを励行するだけでなく、使用されるデフラグ技術にも気を配る必要があります。最近、ファイルサイズおよびハードディスク容量が劇的に増えています。その結果、断片化の蓄積が速まっています、デフラグ・ソフトが使われているにもかかわらず、個人ユーザーや企業のハードディスクの寿命が短くなっています。

現在のコンピューティング環境は、完全自動型のデフラグ・ソリューション、すなわち、「アイドル・システムリソースが使用可能な時にデフラグが行えるソリューション」を不可欠な条件としています。そうした環境とは、常に性能が維持され、ハードディスクの期待寿命まで性能が発揮されることを意味しています。



CONTACT: Boyers Marketing
Bruce Boyers, 818-637-2625
beboyers@earthlink.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!