株式会社アドウェイズ・ピクチャーズとの資本・業務提携に関するお知らせ

株式会社アドウェイズ 2008年05月02日

株式会社アドウェイズ(東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、株式会社アドウェイズ・ピクチャーズ(東京都世田谷区、代表取締役:宮下昇、以下アドウェイズ・ピクチャーズ)と、インターネットと映画コンテンツの共同事業展開において、業務提携をいたしました。
アドウェイズ・ピクチャーズは2008年4月14日に設立され、設立時に株式会社アドウェイズが資本金の10%を出資しております。
事業内容としては映画・CM・VPなどの映像コンテンツ制作事業を行っており、今後アドウェイズ・ピクチャーズが企画する映画コンテンツの運用や広告宣伝等に関して、アドウェイズではインターネット分野での活用方法について企画・推進してまいります。

【引き受けるアドウェイズ・ピクチャーズの株式】
出資比率 : 10%
引受価格の総額: 300千円
引受単価 : 一株に付き50,000円

■□■株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム、「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営、e-コマース事業「ほしいもん.com」など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。
■□■株式会社アドウェイズ・ピクチャーズについて
2008年設立。映画・CM・VPなどの映像コンテンツ制作事業を運営。映画制作においては企画開発から現場制作、そして宣伝業務を行い、CM・VPなどの制作においては、プレゼンから仕上げまでの業務を主に行う。今後は映画制作事業を主に展開予定。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?