日本アバイアとナイスシステムズ IP-PBXに接続した携帯電話端末の通話録音を実現するソリューションを提供開始

~コンプライアンスを遵守しながら、携帯電話を使用した営業通話が可能に~

日本アバイア株式会社 2008年05月08日

日本アバイア株式会社(東京都港区赤坂2-17-7、代表取締役社長:藤井克美 以下、
日本アバイア)とナイスシステムズ(NICE Systems NASDAQ: NICE/日本国内拠点: ナ
イスジャパン株式会社、東京都目黒区、代表取締役:ドロン アイダルマン、以下、ナ
イスシステムズ)は本日、アバイアの企業向けFMC(Fixed Mobile Convergence)ア
プリケーションソフトウェア「Avaya one-X(R) Mobile 」とナイスシステムズの音声
データによる統合的リスク管理ソリューションである「NICE Perform(R)」を組み合
わせた「携帯通話録音ソリューション/Mobile-Logger」を提供開始します。同ソ
リューションにより、企業は、営業担当者の携帯電話における顧客との通話録音が、
コンタクトセンターでの通話と同様に可能となり、コンプライアンスを遵守しなが
ら、業務効率および顧客満足度を向上することができます。

金融業界など顧客との通話記録の保持を重視する企業の営業担当者は、通話記録が不
完全な携帯電話でお客様とのやりとりをすることができず、音声録音装置に接続され
たオフィスの固定電話を使用せざるを得ないのが現状です。

一方、コンタクトセンターでの顧客対応(フロント)業務と関連部署とのバックオ
フィス業務を連携させ、全社的な観点から業務の効率化と顧客サービスを向上させよ
うという動きが広がっています。

企業は、「携帯通話録音ソリューション/Mobile-Logger」を利用することで、コンタ
クトセンターと本社、支店、在宅エージェント、モバイルワーカー(営業担当者)と
通話履歴や通話内容を関連部門で共有し、顧客との通話中に緊急を要する事象が発生
した場合でも、適切かつ迅速な応対が可能になります。 

金融商品取引法(日本版SOX法)が施行され、企業のコンプライアンス遵守への関心
がいっそう高まる中、日本アバイアとナイスシステムズは、通話録音もモバイルワー
カーにまで拡張し、企業の営業担当者が、場所を選ばず迅速に顧客に連絡することを
可能にする「携帯通話録音/Mobile-Logger」ソリューションを提供します。企業は、
携帯電話での通話を含めた全社レベルでの顧客対話について分析・評価を行うことに
より、内在するリスクを発見し、対応策の検討が可能となります。

ナイスシステムズはアバイアのIP-PBXと連動するソフトウェア、ハードウェアを開発
する企業向けの開発支援プログラム「DeveloperConnection Program」のメンバーで
す。同プログラムに基づき、共同で両社の製品の相互接続性を検証しました。


アバイアのDeveloperConnection Programについて
DeveloperConnection Programは、アバイア製品と互換性を持つサードパーティ企業
の製品の開発、マーケティング、販売を支援するプログラムです。
DeveloperConnection Programのメンバー企業には、APIやプロトコル等の技術情報と
トレーニングが提供されます。アバイアは、2004年に同プログラムを開始し、現在
ワールドワイドで約5,300社、アジア・太平洋地域で約900社のメンバー企業を有して
います。

アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・ソリュー
ションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コミュニケー
ション、コンタクトセンター向けソリューション、Communications-Enabled
Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE 500(TM)社の90%を含む世界
の100万社以上の企業に採用されています。また、アバイア・グローバル・サービス
はあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供しています。

詳細は、アバイアのWebサイト (リンク ») をご覧ください。
日本アバイアについては、 (リンク ») をご覧ください。
* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。


ナイスシステムズについて
ナイスシステムズは、電話、Web、無線、およびビデオを通じたコミュニケーション
から取り出した非構造的なマルチメディア・コンテンツの高度な分析に基づく「対話
からの洞察: Insight from Interactions(TM)」ソリューションのリーディングプロ
バイダです。ナイスシステムズはIPコンタクト・センター、支店営業店、指揮統制セ
ンターのための最新ソリューションによりVoIPベースのコミュニケーション管理を
まったく新しいものにしています。ナイスシステムズのソリューションは、組織の意
思決定方法に変革をもたらし、業績向上やセキュリティ問題への対応、先進的な企業
活動を可能にしています。ナイスシステムズの取引先はフォーチュン100企業のうち
75社以上を含み、100か国、24,000社以上に上ります。詳細については
www.nice.co/jpをご参照ください。


当リリースに記載されている社名・製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録
商標です。
※Avaya、アバイアのロゴおよびAvaya one-Xは、Avaya Inc.の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?