扶桑社発行の雑誌「Numero TOKYO」を映像を使って紹介するプロモーション企画を実施

フジテレビラボLLC 2008年05月08日

From DreamNews

インターネット動画投稿サイト「ワッチミー!TV」を運営するフジテレビラボLLC合同会社(本社:東京都港区、代表:時澤 正)は、株式会社扶桑社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片桐 松樹)が出版中の雑誌「Numero TOKYO」のプロモーションとして、本の内容を映像で紹介するプロモーションを企画し、本日5月8日(木曜日)より、実施します。

(プレスリリース)                    

2008年5月8日
フジテレビラボLLC合同会社

株式会社扶桑社

                   

扶桑社発行の雑誌「Numero TOKYO」を映像を使って紹介するプロモーション企画を実施



インターネット動画投稿サイト「ワッチミー!TV」を運営するフジテレビラボLLC合同会社(本社:東京都港区、代表:時澤 正)は、株式会社扶桑社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片桐 松樹)が出版中の
雑誌「Numero TOKYO」のプロモーションとして、本の内容を映像で紹介するプロモーションを企画し、
本日5月8日(木曜日)より、実施します。


今回、プロモーションで配信する映像は、雑誌の世界観や内容を、映画の予告編(=トレイラー)風に表現した映像(以下:マガジントレイラー)になります。映像を使うことにより、今までその雑誌を手にとって見たことがないユーザーにも、気軽に、わかりやすく雑誌のコンセプトを伝えることが可能になります。

また同時に、よりユーザー向けにプロモーション訴求でき、商品購入までつなげられる施策として、
マガジントレイラーを使った「動画アフィリエイト」も実施します。
こちらは、株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柳澤 安慶)が運営する
日本最大級のアフィリエイト・プログラム「A8.net」にて行います。

従来、アフィリエイトとは、商品の静止画像のバナーやテキストで掲載されているものが一般的でした。しかし今回の「動画アフィリエイト」では、
バナーと一緒に映像が掲載され、映像を使って商品の訴求をすることが可能になり、より購入への動機をあげることが可能になると考えています。


「マガジントレイラー」を使った映像のプロモーションを、アフィリエイトと連動させることにより、商品プロモーションをそのまま購入に結びつけることが可能になり、
よりプロモーション効果を上げることが可能になります。またアフィリエイターがブログやサイトを使って、商品プロモーションをユーザーに訴求するため、
多数のユーザーへのプロモーションも可能になると考えています。


■ 株式会社扶桑社 概要

会社名:株式会社扶桑社



URL: (リンク »)



所在地:東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム 4F~7F



設立 :1984年5月8日


■ 会社概要

[商号]フジテレビラボLLC合同会社



[事業内容]



1.インターネット上での映像発信プラットフォーム「ワッチミー!TV」の運営



2.各種映像コンテンツに関する企画、製作、配信、販売、広告事業



3.インターネットを含む各種メディアにおける映像制作・配信・視聴などの技術開発



4. 文化関連・教育関連事業、その他事業に関する企画、製作、興行、コンサルティング



[所在地]東京都港区台場2‐3‐1 トレードピアお台場7F



[設立]2006年5月17日



[代表]時澤正











報道関係者お問い合わせ先







■ フジテレビラボLLC合同会社(担当:小林)



TEL:03(5500)8943  e-mail info@fujilab.jp



■ 株式会社フジテレビジョン広報局広報部(担当:上野)



TEL:03(5500)8888



■ チームラボビジネスディベロップメント株式会社



(担当:トランスコスモス広報宣伝部・小林)



TEL:03(4363)0123

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!