PCメール着信音振分け機能付きメーラー的ソフト「着音くん」販売開始!

株式会社ネットアロー 2008年05月16日

From DreamNews

株式会社ネットアローは、メール着信音.com( (リンク ») )を公開し、サイトにて、PCメール着信音振分け機能付きメーラー的ソフト「着音くん」の販売を開始致しました。

各位
NEWS RELEASE
                             2008年5月15日
                             株式会社ネットアロー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 世界初!「音」がPCメールの常識を変える!
 PCメール着信音振分け機能付きメーラー的ソフト「着音くん」発売開始!

   メール着信音.com   (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンテンツ制作・運営、インターネットビジネスの総合コンサル&サポート
業務を行なっている株式会社ネットアロー(本社:東京都日野市、代表取締
役社長:庄司 篤男)は、PCメール着信音振分け機能付きメーラー的ソフト
「着音くん」の販売を、「メール着信音.com」にて開始致しました。


メール着信音.com (  (リンク »)  )



「音」がPCメールの常識を変える!

好きな着信音を条件設定。鳴った音色で「誰からのメール?」「どんなメー
ル?」なのかが、受信した時に"耳"で判別できる、ありそうでなかった、
非常に便利なWindows専用のアプリケーションソフトです。

日頃PCメールを多用、又、重要と捉えていらっしゃる全ての法人様・個人様
にお使い頂きたい、便利で楽しい、ユーモア溢れるアイデアソフトです。

目で見る前に、耳でメールの内容が判別できることで、驚くほどPCメールに
よる業務効率が向上します!



■「着音くん」の特徴


・以下の4つの条件を設定し、それぞれに合致したメールを受信した時のみ、
 特定の着信音を鳴らすことができます。

 1.件名が「○○」というテキストだったら(完全一致)
 2.件名に「○○」というテキストが含まれていたら(部分一致)
 3.誰から送られていきた(送信者アドレス指定)
 4.どのアドレスにメールが届いたか(受信アドレス指定)


・お使いのメーラー(Outlook ExpressやWindowsメール等)は、そのまま
 お使い頂けます。「着音くん」はあくまで"音"に特化した、単体で動
 作するソフトウェアです。お使いのメーラーと併用してお使い下さい。


・条件設定をしていないメール受信時には勿論、着信音は鳴りません。
 よって、スパムなどの無駄なメールをいちいち見てしまうといった無駄な
 行動にかかっている時間を排除できます。


・「着音くん」に設定できる音源データ形式は、mp3,wav,midi,aiff,wmaの
 5形式。ボイスレコーダーで録音した「声」も着声として簡単に設定で
 きます。


・「着音くん」には初めから34音源が収録されております。
 便利な「着声データ集・Plus41サウンドディスク vol.1」も販売して
 おります。(税込価格 \1,000)


・「着音くん」本体価格 2,999円(税込) 
 ※銀行振込の場合、送料全額弊社負担。



■「着音くん」のご利用シチュエーションはこちら

  (リンク »)




【企業概要】


 ■株式会社ネットアロー   (リンク »)

 ■代表取締役社長 庄司篤男 blog: (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  株式会社ネットアロー      (リンク »)
  E-MAIL: info@net-arrow.com  TEL:042-592-9242 担当:庄司
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?