Webシステムのモバイル化ツール「Clickmarks Mobile (クリックマークス モバイル)」販売開始のお知らせ

~「新規システム構築」から「既存システム活用」へ~

ライトスピード株式会社 2008年05月19日

報道関係各位
プレスリリース
2008年5月19日
ライトスピード株式会社

Webシステムのモバイル化ツール「Clickmarks Mobile (クリックマークス モバイル)」販売開始のお知らせ
~「新規システム構築」から「既存システム活用」へ~


ライトスピード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 方波見 豊、以下ライトスピード)は、Clickmarks, Inc.(本社:カリフォルニア州ロスガトス、CEO Anthony N. LaPine、以下クリックマークス)の開発するWebシステムのモバイル化ツール「Clickmarks Mobile(クリックマークス モバイル)」を2008年5月19日より販売開始します。「新規システム構築」ではなく、「既存システム活用」という発想から、モバイルサイト構築における工期短縮、開発コスト、保守コストの削減を可能にし、導入が98万円(税込)からと低価格で、社内システムのモバイル化は時間と費用がかかるというイメージを打ち破りました。本製品の詳細は下記の通りです。





【1.Clickmarks Mobile(クリックマークス モバイル)について】
「Clickmarks Mobile(クリックマークス モバイル)」は、ビジュアルで直感的な開発環境により、既存のWebシステムを停止することなく、モバイル化を実現するツールです。Webブラウザを搭載しながらも、画面サイズに制約を受ける、携帯電話やスマートフォンなどの多彩なモバイルクライアントとWebシステムとの接続を、独自特許技術PLI™(Presentation Level Integration)を用いて携帯機器に最適なインタフェースで実現します。
特に、昨今、企業導入の進むResearch In Motion(RIM)社のBlackBerry(ブラックベリー)においては、
社内Webシステムの表示最適化をおこなうことで、限られた画面サイズの中での視認性の改善及びBlackBerry Enterprise Server(BES)への負荷低減による、アクセス速度の向上が期待できます。また、本製品は単なるコンテンツ変換ソフトの機能にとどまらず、業務・物流・基幹などの各種システムなどを、連携、フロー化させることが可能ですので、業務効率の向上が期待できます。

<主な特徴>
◆GUIによるビジュアルな開発環境
通常のプログラミングにおいて頻繁に使用するコマンド等は事前にアイコン化されており、ドラッグ・アンド・ドロップすることにより必要な条件設定を行う直感的なGUI設計環境を提供しています。そのため、高度な開発スキルを要することなく、開発期間を短期間にすることが可能になります。外部からの閲覧を防ぎたい情報が含まれている場合は、必要な部分だけを切り出すことにより、セキュリティを確保することが可能です。

◆フロー制御により社内システムコンテンツへのアクセスを制限
フローチャートを作成するように開発することができます。アイコンのドラック&ドロップで、ループ処理や正常系・異常系等のフローの分岐処理等の複雑な処理も全てGUIで表現することができます。これにより、開発した処理フローの可視化を可能にし、メンテナンス時の修正も簡単に行うことができます。

◆モバイル化に特化した機能に絞ることで低価格を実現
低価格(98万円~)で実現する社内Webシステムのモバイル化製品です。一般のコンテンツ変換システムに比べて、低価格を実現しました。また、元のコンテンツを再利用するので、モバイル化したシステムの安定性が維持され、全体の開発期間を短縮できるため、早期に実用化し、投資効果を得ることができます。

<価格>
◆Clickmarks Mobile ライセンス(1CPU) 定価980,000円(税込)
◆追加CPUライセンス(1CPU)  定価490,000円(税込)

製品に関する情報はこちらをご参照下さい。
(リンク »)

<主な事例>
◆フィールドフォースオートメーション
(リンク »)

◆社内勤怠システムのモバイル化
(リンク »)

【2.クリックマークスについて】
クリックマークスは、1999年に設立された米国シリコンバレーを拠点とするIT企業で、お客様の既存IT資産を活用するビジネスプロセス改善ソリューションを専門としたアプリケーション統合と、モバイル化による拡張を実現するソフトウェア企業です。これまで製品群の向上・拡張させていく段階において多数の特許技術を開発してきました。既存アプリケーションをプレゼンテーション層の再利用部品として使うことのできる、非侵襲的なEAI(企業アプリケーション統合)テクノロジーである Visual Integration(Presentation Level Integration™ =PLI)の先駆者となり、発展を続けてきました。

クリックマークスの製品・ソリューションは、海外では、Vodafoneグループ、PLC、ユニシス、サン・マイクロシステムズやTelefonicaなど、世界有数の大企業に導入されております。日本においては、日本コムシス、ザカティーコンサルティングなどの企業や官公庁へ導入されています。


【3.今後の展望について】
今後ますます、Web化の進む社内業務システムのモバイル化や、高まるSOAの需要に対応する、具体的で実現性の高い実装手法として本製品を提案してまいります。また、実際には数カ月かかる導入前のプロトタイピングを、1人月分の開発要員、1人月分のソフトで可能とする開発支援ツールとして、システム開発会社などのパートナー様に、本製品を、従来のシステム開発サービスの中に組み込んで提供していただきます。


【4.企業概要】
■ライトスピード
(1)商 号 ライトスピード株式会社
(2)代表者 代表取締役 方波見 豊
(3)本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 新丸の内ビル
(4)設 立 2005年(平成17年)9月
(5)事業内容
・ソリューション事業(海外を中心とするITソリューションベンダーのビジネス開発、マネジメント・アウトソーシングリソースの提供及び日本法人設立支援)
・SI事業(システム開発、アウトソーシングサービス及びシステム製品サポートサービスなどのエンジニアリングリソースの提供)
(6)資本金 5,750万円(資本準備金含む資本合計 1億500万円)
(7)URL  (リンク »)

■クリックマークス
(1)商 号 Clickmarks, Inc.
(2)代表者 CEO Anthony N. LaPine
(3)本店所在地 718 University Avenue Suite 202 Los Gatos, CA 95032
(4)URL  (リンク »)

●本リリースに関するお問合せ先
ライトスピード株式会社 広報担当
TEL:03-3287-7366 FAX:03-3287-7367
E-mail: press@light-speed.jp

※BlackBerry及びBlackBerry Enterprise ServerはResearch In Motion Limitedの商標または登録商標です。

  以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ライトスピード株式会社の関連情報

ライトスピード株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR