コマツがサービジスティクスの戦略的サービス管理ソリューションをグローバルで導入

北米における導入完了を受け、グローバルな補修部品最適化のため、サービジスティクスの補修部品管理ソリューションを採用

サービジスティクスアジア株式会社 2008年05月20日

2008年5月20日 東京・米国ジョージア州アトランタ-- 戦略的サービス管理ソリューションの大手プロバイダーであるサービジスティクスアジア株式会社(本社:東京都千代田区、社長:清水博、以下サービジスティクス)は本日、建設機械・重機械メーカー世界最大手の一社である株式会社 小松製作所(本社:東京都港区、社長:野路 國夫、以下 コマツ)が、仕入先から販売代理店にわたる一気通貫のサービスチェーン最適化を世界全地域で実現するため、サービジスティクスの補修部品管理ソリューションをグローバルに展開していくことを発表しました。

コマツではこれに先立ち、北米の子会社であるコマツアメリカにおいて、サービジスティクスの補修部品管理ソリューション導入を進め、2007年前半に成功裏に稼動開始しました。このソリューション導入により、即納率の向上や、在庫管理費・急送費等のコスト削減、顧客満足度および顧客ロイヤルティの向上を実現することができ、同業他社との差別化を図ることが可能になります。

今回コマツは、北米地域での成功を踏まえ、サービジスティクスのソリューションを、アジア(日本を含む)から中近東、欧州にわたる世界全地域の仕入先、主要在庫拠点3ヶ所(日本1ケ所、アジア1ヶ所、欧州1ケ所)、地域在庫拠点13ヶ所、代理店のネットワークへと拡張し、グローバルでの補修部品計画可視化、最適化を単一のシステム上で実現する予定です。
同社は、まず第一フェーズとして、グローバルな在庫計画プラットフォームの構築と、主要拠点/地域拠点間の在庫計画可視化、仕入先との連携を進めます。その後、第二フェーズとして、各地域拠点と配下の在庫拠点階層に対して同様の在庫計画を展開し、さらに代理店との在庫・補充計画の共有を推進する予定です。

導入は、コマツのシステム関連会社であるクオリカ株式会社、およびサービジスティクスが実施します。

コマツのプロダクトサポート本部 部品事業部 部長、茂住 均氏は次のように述べています。
「私たちの使命は、お客様の機械の稼働率を高めてお客様満足度を向上させると同時に、代理店などのビジネスパートナーを含めた収益を拡大させることです。そのためは、サプライチェーン全体の部品供給を効率化させることが非常に重要であり、その実現のために私たちはサービジスティクス社のソリューションを選びました。
今回のグローバル規模でのサービジスティクスの導入では、私たちの販生計画とさらに緊密に連携させることで、全世界のお客様へのデリバリーの質を向上させながら連結在庫を効率化させると共に、生産の平準化も進めていきます。」

サービジスティクスアジア株式会社 代表取締役社長の清水 博は次のように述べています。
「アフターサービスの品質は企業業績にとってより戦略的な要素となりつつあります。コマツの今回のグローバル規模での取り組みは、先進企業が、いかにサービス業務改革を推進し、戦略的サービス管理(SSM)のもたらす価値を十分に生かそうとしているかを示すよい例です。」

###

サービジスティクス社について
サービジスティクス社は、補修部品管理、サービス要員管理、サービスナレッジ管理、サービスプロセス管理、価格管理より構成される統合された戦略的サービス管理(SSM : Strategic Service Management)ソリューションを提供するリーディングプロバイダーです。収益性やキャッシュフロー、カスタマーロイヤリティを大幅に改善することで、企業のグローバルなアフターサービス業務変革の支援をしています。単一モデルで稼働するサービジスティクス社のソリューションは、建設機械、ハイテク、航空宇宙、自動車、家電、通信、製造装置、医療機器、耐久消費財、重工業など幅広い業界の大手企業に、グローバルなサービス業務のプラットフォームとして導入されており、多くのレファレンス可能な顧客ベースにおいてその効果が実証されています。サービジスティクス社は米国ジョージア州アトランタに本社を置く非上場企業で、イギリスと日本(東京)に地域拠点を構え、グローバルにセールスおよびサービスのプロフェッショナルを擁しています。
2004年にはアジア太平洋地域を統括する拠点として日本法人が設立され、グローリー、コニカミノルタビジネステクノロジーズ、コマツ、大日本スクリーン製造、東芝テック、東芝メディカルシステムズ、ニコン、日立国際電気、富士フイルムメディカル、LG電子(韓国)、ファウンダー・テクノロジー(中国)等のお客様のアフターサービスのお取り組みを支援しています。

このプレスリリースの付帯情報

導入スコープ図

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サービジスティクスアジア株式会社の関連情報

サービジスティクスアジア株式会社

サービジスティクスアジア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから