CentreCOM FS900M/FS900M-PSシリーズ ファームウェアバージョンアップで機能強化

認証機能強化とともに、低コストでリングネットワークを実現

アライドテレシス株式会社 2008年05月21日

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、ファーストイーサネット・インテリジェント・スイッチCentreCOM FS900Mシリーズ、ならびにファーストイーサネット・インテリジェントPoEスイッチFS900M-PSシリーズのファームウェアをバージョンアップし、Web認証の追加やTri-Auth(トライオーセンティケーション)対応による認証機能強化、EPSRアウェア対応などの機能強化をした新ファームウェア「Ver.1.5.0」をリリースします。当社ホームページからのダウンロードサービスを5月21日から開始します。

新ファームウェア「Ver.1.5.0」では、新たに Webブラウザーで認証可能な Web認証を追加、さらに同一ポート上でIEEE 802.1X認証/Web認証/MACアドレスベース認証の混在を可能とするTri-Auth(トライオーセンティケーション)に対応しました。このため、ポート配下に認証方式の異なるデバイスが混在する場合でも、スイッチやポートを分けることなくセキュアでフレキシブルな認証環境を簡単に構築するこ
とができます。また、高速な経路切替えを実現するリングトポロジーEPSR(Ethernet Protected Switched Ring)にトランジットノードとして参加可能なEPSRアウェアに対応しました。これにより、障害検知/通知、経路の切替えを瞬時に行うことができ、ネットワークのダウンタイムを最小限に抑えるとともに、低コストでリングネットワークを構成する事が可能です。
なお、CentreCOM FS900M/FS900M-PSシリーズは、シマンテックの検疫ソリューション「Symantec Network Access Control 5.1及び11.0」との接続認定を取得しており、前版ファームウェアVer.1.4.1より連携が可能です。

【新ファームウェアVer.1.5.0により追加した主な機能】
(1) Web認証
(2) EPSRアウェア
(3) Tagポートでの認証
(4) Supplicant MAC透過
(5) 1000M Speed/Full Duplex固定設定

【対象製品】
製品名                標準価格(税別)
CentreCOM FS909M(RoHS)  49,800円 
CentreCOM FS917M(RoHS)  79,800円      
CentreCOM FS926M(RoHS)   98,000円 
CentreCOM FS909M-PS(RoHS)   99,800円
CentreCOM FS917M-PS(RoHS) 158,000円
CentreCOM FS926M-PS(RoHS)    188,000円

-------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!