アクトン、Edge-Core(エッジコア)のハイエンドスイッチを東南アジア最大級のショッピングセンターに導入

アクトンテクノロジィ株式会社 2008年05月26日

From DreamNews

Accton Technology Corporation(アクトンテクノロジィ)は、Edge-Core(エッジコア)シリーズのハイエンドスイッチ、ES4710、ES4704、ES4524Cが東南アジア最大級のショッピングセンター、GIST (Grand Indonesia Shopping Town)で本格稼動したと発表した。

Accton Technology Corporation(アクトンテクノロジィ)は、Edge-Core(エッジコア)シリーズの ハイエンドスイッチ、ES4710、ES4704、ES4524Cが東南アジア最大級のショッピングセンター、GIST (Grand Indonesia Shopping Town)で本格稼動したと発表した。


GISTはインドネシアのジャカルタにある東南アジア最大級のショッピングセンター。約23,000平方メートルの規模がある。導入の決め手として、センターのMr. Nugrohoは「ショッピングセンターの監視システムを導入するに当たり、当社の持つ複雑なネットワーク要求を満たすスイッチを検討したところ、Edge-Coreが信頼性、セキュリティー、価格など総合力で上回った」と述べている。

ES4710、ES4704はシャーシ型ギガビットハイエンドL3スイッチ。 センターの東モールと西モールそれぞれでコアスイッチとして利用されている。ES4524CはギガビットL2スイッチ。アグリゲーションスイッチとして東西モール3フロア毎に複数設置。なお、ES4524Cは現在後継機種のES4524Dとして、日本でも販売されている。




Edge-Core (エッジコア)について
Edge-Coreはアクトンテクノロジイのブランド部門。アクトン社のODM製品、およびパートナー企業との開発製品を、Edge-Coreブランドで展開している。L2/L3スイッチを主力とし、中小エンタープライズ、教育、公共、キャリアなどへ顧客へネットワーク製品を提供。日本、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各国で販売している。


Accton Technology (アクトンテクノロジィ)について

Accton Technology Corporation(アクトン・テクノロジィ)社は、約20年にわたり、世界の大手ネットワーク機器メーカーとパートナーを築いてきた台湾のリーディングカンパニー。ODMでは世界的に有名で、日欧米のネットワークメーカーに製品を提供している。




プレス問い合わせ先

アクトン・テクノロジィ・ジャパン

東京都港区東麻布1-7-3 渡邊ビル4F 

TEL:03-3583-6733 EMAIL: japan@edge-core.com   

EDGE-CORE WEB: www.edge-core.co.jp(日本語) / www.edge-core.com (英語)

ACCTON WEB: www.accton.com(英語)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?