若手人材向けeラーニングコース 「実践!自ら仕掛ける タイムマネジメント」「実践!上手くいく 仕事のプランニング」 販売開始のご案内

サイバックス株式会社 2008年05月27日

サイバックス株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:片岡明彦 03・3515・7400)は、このほど、社員研修事業、新卒採用支援事業などを手掛ける株式会社シェイク(東京都目黒区 代表取締役社長:森田英一 03・5773・6888)と共同で、若手人材を対象としたeラーニングコース「実践!自ら仕掛ける タイムマネジメント」「実践!上手くいく 仕事のプランニング」を開発しました。自律的・効率的に業務を進める力を習得するコースで、6月10日より販売を開始いたします。

企業が人材に求める能力として「主体性」「実行力」「課題発見力」「計画力」「状況把握力」等が挙げられますが、若手社員に対してこれらの能力不足を感じている企業は多く、企業側のニーズとの間に、大きな乖離があるのが現状です。(※注)
そこで弊社は、自律型人材育成・若手人材育成の分野で実績を挙げている株式会社シェイクに監修を依頼し、入社1~3年目の社員を鍛えるeラーニングコースを開発いたしました。


■すぐ実践!現場で実践!!ずっと実践!!!
「実践!上手くいく 仕事のプランニング」は、仕事の始まりから目的達成までの成功イメージを描く力を身に付けるコースで、初めて手掛ける仕事でも、最終成果までスムーズにたどり着く計画を立てられるようにします。
一方の「実践!自ら仕掛ける タイムマネジメント」では、自分自身のタスクを整理し効率的に業務をこなしていく手法を、重要度・緊急度の認識、仕事の細分化、リスク予測、並行化などの観点から掘り下げていきます。

両コースとも、“演習と実践”に重点を置き、コース全体の約半分を演習に当てています。豊富な演習で、学習した内容が実践に結び付くため、高い学習効果が期待できます。
また、演習では、受講者の実際の仕事を課題として取り上げるケースもあり、「学習を進めること=日常業務で学習内容を実践すること」となるように設計しています。
目標達成までの要素や効率化のポイントを洗い出すツールも用意しており、学習終了後も6ヶ月間の受講期間内であれば、いつでも何回でも活用可能です。本コースで学んだ内容を実際の業務に役立てることができます。

学習し、演習し、現場で実践することにより、その概念を体に染み込ませ、学習内容を実践し続ける体質を作っていきます。


■受講料     「実践!自ら仕掛ける タイムマネジメント」
「実践!上手くいく 仕事のプランニング」
  各10,500円/人(本体価格:10,000円/人)
■受講期間    6ヶ月
■標準学習時間  各3時間
■コース概要
「実践!自ら仕掛ける タイムマネジメント」 (リンク »)
「実践!上手くいく 仕事のプランニング」 (リンク »)

<本件に関するお問い合わせ>
サイバックス株式会社 (リンク »)
ソリューション営業部 Tel 03-3515-7400(平日9:00-17:30)
E-mail info-g@granaile.jp

株式会社 シェイク (リンク »)


サイバックスでは、1998年の創業当時より、企業の人材開発・人材育成を支援するべく、階層別のビジネススキルコース・MBAコース・ビジネスマナーコースを中心に、独自のコンテンツ開発方針でeラーニングコースメニューの拡充を行ってまいりました。現在では全57コースを提供、約950社の企業で導入されています。

以上

このプレスリリースの付帯情報

eラーニングコースイメージ

用語解説

※注 経済産業省「企業の『求める人材像』調査の結果について ~社会人基礎力との関係~」(平成19年3月12日)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバックス株式会社の関連情報

サイバックス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!