アイ・ピー・ビー、太陽電池関連のランキングを発表

トップ3はシャープ、キヤノン、三洋

株式会社アイ・ピー・ビー 2008年06月03日

 株式会社アイ・ピー・ビー(本社:東京都港区、代表取締役社長:浴野稔)はこのほど、太陽電池市場に参入する企業の技術競争力を、特許の質と量の両面から総合的に評価した「出願人スコアランキング」を初めて発表しました。ランキングの対象は、日本の特許庁に太陽電池関連技術を出願している企業、大学・研究機関、個人で、1993年1月から2008年1月までに発行された公開系特許公報をもとに集計しました。

  「出願人スコア」とは、個々の出願特許について「IPBパテントスコア」(注1)を算出し、分析対象とした全特許(約6,400件)において平均値以上のスコアが付与された特許を出願人ごとに抽出、合算したものです。特許出願後の経過情報などをもとに特許の質の高さ(注目度)を得点化する「IPBパテントスコア」を用いることで、特許件数の比較だけでは見られなかった、質的観点を取り込んだ特許力の評価が可能になりました。
 ランキングの詳細については、知的財産に関する総合情報サイト「IPNEXT(注2)」をご参照ください。


【IPNEXT:太陽電池関連 出願人スコアランキング】
(リンク »)


 なお、「出願人スコアランキング」は、6月3日発売の「IPB特許・技術調査レポート- 特許の質と量から見る競合企業分析:太陽電池-」に掲載されております。
本レポートは、今後の成長が期待される太陽電池市場に参入する企業の強み、弱みを、特許データを用いて検証したものです。太陽電池市場の開発動向を調査することを目的に、1993年1月から2008年1月までの15年間に日本の特許庁から発行された公開系特許公報を中心に分析しました。特許・技術に関する専門知識がない方にもご理解いただける内容となっております。



IPB特許・技術調査レポート『特許の質と量から見る競合企業分析:太陽電池編』
【発行・編集・制作】株式会社アイ・ピー・ビー
【ページ数】約120ページ(カラーA4版)
【定価】冊子99,750円(税込)、PDF版94,500円(税込)



<目次>
第1章:太陽電池を取り巻く市場背景
第2章:特許力分析
  ●市場全体の出願状況
  ●分野別出願状況
  ●「結晶シリコン型太陽電池」「アモルファスシリコン型太陽電池」「化合物半導体型太陽電池」「有機型太陽電池」の4つの分野で特許力分析
第3章:太陽電池市場 特許力分析評価 総括
第4章:ランキングデータ集
第5章:参考資料(分析手法)
第6章:用語解説

詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。
(リンク »)

<ご参考>株式会社アイ・ピー・ビーについて
株式会社アイ・ピー・ビーは、知的財産(特許・技術)関連事業を手掛ける企業です。2001年5月の設立以来、特許・技術と企業に関する各種情報サービスから特許・技術の価値評価および格付け、特許・技術の戦略的活用にかかわるコンサルティングまで、多彩なソリューションをご提供しております。
当社に関する詳細な情報は、下記ウェブサイトを通じて入手できます。

株式会社アイ・ピー・ビー ウェブサイト
(リンク »)

用語解説

<用語解説>
(注1)IPBパテントスコア
当社が独自に開発した特許自動評価システム。主に特許の出願から審査、登録、放棄、失効に至るまでの手続き状況を記録した経過情報をもとに、対象となる特許に対して3者(出願人、審査官、競合他社)が起こしたアクションなどを指数化することで、個別特許の注目度(評価)を得点化している。アクションには、出願人の権利化への意欲を表すものや、審査官の判断、競合他社による権利化けん制の度合いを表すものなどがある。

IPBパテントスコアの詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
(リンク »)

(注2)IPNEXT(アイピーネクスト)
IPNEXTは、特許・技術など知的財産に関する総合情報サイトです。特許侵害訴訟ニュースや企業・大学の知財戦略に関する特集記事、有識者によるコラムなど、知的財産にかかわる幅広い情報を配信しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイ・ピー・ビーの関連情報

株式会社アイ・ピー・ビー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!