専門家を探せる、相談できるサービス「All About プロファイル」  「信頼できる回答」が付いた質問総数が10,000件を突破!  ~専門家からの質問回答率は80%を超え、問題を解決したいユーザから高い支持~

株式会社オールアバウト 2008年06月05日

 株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江
 幡 哲也、ジャスダック証券取引所、証券コード:2454、以下「オールアバウ
 ト」)は、提供する専門家マッチングサービス「All About プロファイル」の
 質問総数が10,000件(*1)を突破したことを発表いたします。
 *1・・・All About プロファイルでは、ユーザからの質問に専門家が回答し
 た場合だけを質問総数としてカウント、公開しております。そのため、質問総
 数はユーザからの純粋な投稿数とは異なります。

 ■All About プロファイル Q&A : (リンク »)

 「All About プロファイル」は、ユーザが、「住宅」「マネー」「医療・健康」
 など7つの分野の中から“自分に合った専門家”を探し出し、相談や仕事の依
 頼ができるサービスです。応える側である専門家は、コラムの執筆やQ&Aへ
 の回答などを行うことで自己の専門性をPRし、ニーズが顕在化された新たな
 顧客との結びつきや仕事の機会を得ることができます。

 Q&Aは、ユーザとカスタマーを結び付けるきっかけづくりのコンテンツとして
 「専門家に聞く」というコーナーで2005年11月のサービス開始当初より展開し
 ており、ユーザから投稿される質問・相談に対して、資格や実務経験のある専
 門家がユーザの悩みを解消すべく回答しています。そのため、信頼できる“確
 かな回答”を得られやすくなっており、ユーザが安心して使えるのが特徴です。
 また、ユーザからの質問には複数の専門家が回答するため、ユーザは回答され
 た内容を通して“自分に合った専門家”を選ぶことが可能です。

 昨今、Q&Aサイトの台頭や消費者の質問意欲が喚起されつつある状況を受け、
 2007年3月末に1,700件だった質問総数は、2008年3月末には8,700件と飛躍的に
 増加。“ユーザが知りたいことに対して複数の専門家が知恵や知識を提供する”
 という新たなサービスとして成長しており、このたび、1万件の突破にいたりま
 した。ユーザからの投稿数は12,461件で質問回答率は80.2%、専門家からの回
 答総数は24,713件で平均回答数は2.5件となっております。尚、質問総数の一番
 多いテーマは、「マネー」分野の「家計・ライフプラン」です。

 オールアバウトでは、今後とも、専門家に気軽に相談できる環境を作っていく
 とともに、消費者と専門家を結びつけることで、“プロ”に力を借りることで
 “ちょっとしたこだわり”を実現できる機会を提供してまいります。

 All About プロファイル について   (リンク »)
 「専門家を探せる、相談できる。」をコンセプトに、株式会社オールアバウト
 が運営する専門家マッチングサービス。ひとり一人の“ちょっとしたこだわり”
 を実現するためのサービスとして2005年11月に開始し、「住宅」「マネー」
 「法律」「ビジネス」「キャリア」「ペット」「医療・健康」の7分野で展開
 しています。建築家、弁護士、ドッグトレーナーなど、全53職種767名の中から
 自分御用達の専門家を探して相談・依頼することができるサービスです。
 ページビュー:約289万PV/月、ユニークユーザ:約72万/月 *2008年3月実績


 ------------------------------------------------------------------
 本件に関するお問い合わせ
 株式会社オールアバウト 広報担当:立石
 TEL:03-5447-3770  FAX:03-5447-0035 E-mail: pr@im.allabout.co.jp
 ------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オールアバウトの関連情報

株式会社オールアバウト

株式会社オールアバウトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?