「内部統制支援ツール+運用アドバイザリーサービス」パッケージの販売開始

~ 内部統制に対する専門知識不足、人材不足を解消 ~

2008年06月09日

株式会社ケイ・ジー・ティーと、銀泉リスクソリューションズ株式会社は、金融商品取引法(いわゆるJ-SOX)への対策として、内部統制支援ツールと運用に対するアドバイザリーサービスを組み合わせたパッケージ 「J-SOX Compass」を商品化し、2008年6月6日より販売を開始しました。

株式会社ケイ・ジー・ティー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 浩、以下KGT)と、銀泉リスクソリューションズ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮武 祥夫、以下 銀泉リスクソリューションズ)は、金融商品取引法(いわゆるJ-SOX)への対策として、内部統制支援ツールと運用に対するアドバイザリーサービスを組み合わせたパッケージ 「J-SOX Compass」を商品化し、2008年6月6日より販売を開始しました。


■ J-SOX Compass 商品化の背景
J-SOX 本番年度を迎え、上場企業は文書化/整備及び運用評価の準備を進めています。
ただ、最も重要な運用評価を進めるに当たっては、各企業で内部統制の実務担当者の育成が大きな課題となっています。
一方、内部統制の支援ツールは数多くのベンダーから提供されていますが、ユーザー企業に内部統制に関する専門知識が不足しているため、機能を十分に活かしきれていない現状があります。
このような状況を受け、KGT が販売する「内部統制構築、運用のための方法論講義ビデオとツール集『北斗メソッド』」と、銀泉リスクソリューションズが提供する「北斗メソッドを更に有効にご活用いただくためのJ-SOX 運用アドバイザリーサービス」を組み合わせ、内部統制に対する専門知識の習得を支援するサービスをご提供することにいたしました。
専門知識不足、人材不足で悩める企業の羅針盤として、J-SOX Compass がお役に立てることを確信しております。


■ J-SOX Compass の構成及び価格
J-SOX Compass は、内部統制への取り組みの進捗状況に応じて次の3 種類をご用意いたします。
また、銀泉リスクソリューションズでは、本パッケージをご検討される企業向けに、東京、大阪での無償個別相談会の実施を予定しています。


1. 【整備/運用編 (文書化支援ツール付き) 】
<文書化作業はこれから、もしくは、既存文書のメンテナンスなどでお悩みのお客様向け>
・ 内部統制ソリューション 北斗メソッド パートⅣ【業務プロセスに係る内部統制の可視化と評価】(内部統制構築、運用のための方法論講義ビデオとツール集)
・ 北斗メソッドインシデントサービス(3 インシデント分)
・ Ci-Tower BPM 北斗バージョンDesktop(PC1台から可能な、文書化・運用支援ツール)
⇒ 以上3 点、パッケージ価格 63 万円(税抜)


2. 【整備/運用編】
<文書化は終え、これから運用準備を進められているお客様向け>
・ 内部統制ソリューション 北斗メソッド パートⅣ【業務プロセスに係る内部統制の可視化と評価】(内部統制構築、運用のための方法論講義ビデオとツール集)
・ 北斗メソッドインシデントサービス(3 インシデント分)
⇒ 以上2 点、パッケージ価格 48 万円(税抜)


3. 【決算・財務プロセス編】
<決算・財務報告プロセスの内部統制に関するノウハウ、アドバイスを求められているお客様向け>
・ 内部統制ソリューション 北斗メソッド パートⅢ【決算・財務報告プロセスの内部統制の可視化と評価】(内部統制構築、運用のための方法論講義ビデオとツール集)
・ 北斗メソッドインシデントサービス(3 インシデント分)
⇒ 以上2 点、パッケージ価格 43 万円(税抜)


■ J-SOX Compass に含まれる製品・サービスのご紹介
 ---------------------------------
  内部統制ソリューション 北斗メソッド
 ---------------------------------
仰星監査法人が開発した、内部統制構築・運用のための方法論『北斗メソッド』をDVD パッケージ化。
監査法人による講義ビデオと講義で使用されたテキストの他、実際にユーザーで使用されている各種ツール・帳票類を収録。

<パートⅣ>【業務プロセスに係る内部統制の可視化と評価】
業務プロセスに係る内部統制の可視化、可視化された業務プロセスに係るウォークスルーの実施方法、統制の要点(キーコントロール)の識別方法、更には運用テストにいたる一連の作業で使用するツール・帳票類と活用方法の説明がサンプルコンテンツと共に含まれています。

<パートⅢ>【決算・財務報告プロセスの内部統制の可視化と評価】
決算・財務報告プロセスの内部統制の評価を「全ての事業拠点について全社的観点で評価することが適切と考えられるプロセス」と「固有の業務プロセスとして評価するもの」に区別し、前者に対しての『チェックリスト形式のワークシート』、後者に対しての『3 点セットと自己点検シート』の活用方法の説明がサンプルコンテンツと共に含まれています。

※北斗メソッドは内部統制のフェーズ毎に下記のパートに分かれています。
パートⅠ: 全社的な内部統制の可視化と評価、全社的なリスク洗い出し
パートⅡ: 財務報告に係る内部統制の評価範囲の決定
パートⅢ: 決算・財務報告プロセスの内部統制の可視化と評価
パートⅣ: 業務プロセスに係る内部統制の可視化と評価
パートⅤ: IT 全般統制の可視化と評価


 ------------------------------
  北斗メソッドインシデントサービス
 ------------------------------
北斗メソッドを視聴して生じた疑問点や、北斗メソッドで紹介された方法を実践しようとした際に生じた問題点等について、メールでサポートを行うサービス。
1 つのインシデントで、1 つの問題が解決するまで対応いたします。1インシデントは通常2~3 往復のメールで回答できる質問を対象としております。


 ----------------------------------
 Ci-Tower BPM 北斗バージョンDesktop
 ----------------------------------
PC1台から導入可能な内部統制の文書化を業務プロセスアプローチにより効率化する文書化支援ツールで次の特徴を持ちます。
・ Microsoft Office Visio に内部統制専用図形を追加し、リスクとコントロールを判りやすく可視化
・ 業務フローを作成するだけで、業務記述書、リスクコントロールマトリックスを自動生成
・ 定義されたコントロールに対するチェックリスト出力


【紹介ページURL】 (リンク »)



● お客様からのお問い合わせ先 株式会社ケイ・ジー・ティー
インターネットソリューション事業部 営業部 営業1 グループ
Tel: 03-3225-0767、E-mail: cit-info@kgt.co.jp

● 報道関係者からのお問い合わせ先 株式会社ケイ・ジー・ティー
インターネットソリューション事業部 事業推進部 井手
Tel: 03-3225-0373、E-mail: is-promo@kgt.co.jp



■ 株式会社ケイ・ジー・ティー (KGT Inc.) 会社概要
サイバネットシステム株式会社の100%子会社として、コンピュータソフトウェアの開発、販売ならびに、コンピュータシステムの開発・販売及び運用に関するコンサルテーションを提供しています。汎用可視化ソフトウェア販売、コンサルテーションを行うビジュアリゼーション事業と、内部統制ソリューション、IT システムのキャパシティ管理ソリューション等を提供するエンタープライズソリューションソフトウェア、ならびに世界的に評価の高いネットワーク、セキュリティーソフトウェアの販売サポートを行うインターネットソリューション事業を中心に顧客ニーズに対応しています。
(リンク »)


■ 銀泉リスクソリューションズ株式会社 (Ginsen Risk Solutions Co.,Ltd.) 会社概要
1997 年6 月、三井住友銀行の親密会社である銀泉株式会社(生損保代理店事業・不動産事業)の100%子会社として設立されました。リスクマネジメントのコンサルティング業務、および保険の仲立人業務等を通じて、お客様が直面する様々なリスクを専門的・客観的な立場から助言し、具体的な対応策・解決策を提供しています。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから