調査結果「3年経過で定着してきたクール・ビズ、導入は半数に」

クール・ビズ導入オフィス、全体の約半数     ~3年前「定着しない」4割超も、現在「定着したと思う」4割超に

株式会社アイシェア 2008年06月20日

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマー ケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員を パネラーとするリサーチ結果を発表した。

<調査概要>
地球温暖化防止のための「国民運動」として、環境省を中心に取り組みが続
けられている「クール・ビズ」。2005年の開始当初に同社が行ったアンケー
トによると、回答者の92%が取り組みに「賛同する」としたが、その一方で
43.8%が「定着しないと思う」と予想していた。開始から丸3年が経過した現
在、「クール・ビズ」はどの程度浸透したのだろうか。20代~40代を中心と
するネットユーザー男女に聞いた。

402名の回答を集計したところ、「勤めている」人の半数近くにあたる48.2%
が「勤め先でクール・ビズを導入している」と回答した。また「クール・ビ
ズの啓蒙活動後に空調の温度管理と衣類の軽装化などに気を使うようになっ
たか」との問いには、全体の43.3%が「気を使うようになった」としている。
興味深いのは、職場環境によって個人の意識に大きな差が出た点。啓蒙活動
後に「気を使うようになった」うちの58%は、「勤め先がクール・ビズを導
入している」人だった。反対に、啓蒙活動後も「変わらない」とした人のう
ち67.5%は、「勤め先がクール・ビズを導入していない」人という結果。勤
め先でクール・ビズが導入されれば、個人としてもやはり意識せざるを得な
いというのが実情のようだ。

「クール・ビズ、定着したと思うか?」の問いでは、全体の44.5%が「定着
したと思う」と回答。開始当初の2005年調査では40%以上の人が定着しない
と考えていたクール・ビズだが、各所の取り組みが功を奏した結果か、この
3年で予想以上に浸透してきたようだ。

<調査データ>
・勤め先ではクール・ビズを導入していますか?
・クール・ビズ、定着したと思いますか?
・クール・ビズの啓蒙活動後に空調の温度管理と衣類の軽装化などに気を使うよ
うになりましたか?
など
※男女別・年代別で集計

詳しくはEBをご参照下さい。

<調査概要>
有効回答数:402名
調査日:2008年6月5日~2008年6月6日
男女比:男性:57.5% 女性42.5%
年代日:20代:12.2% 30代:43.5% 40代:34.8% その他:9.5%
-----------------------------------
「クール・ビズに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)

 ◆過去調査:アイシェアリサーチ クール・ビズに関する意識調査
   (リンク »)

 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?