HOWS、三技協と次世代Webシステム基盤技術の共同研究・開発プロジェクト 『三技協オプティマイゼーション・テクノロジーラボ』立ち上げへ

株式会社HOWS 2008年06月23日

 情報通信エンジニアリング分野でオプティマイゼーションサービスを提供する株式会社三技協(以下:三技協、本社:神奈川県横浜市都筑区、代表取締役社長:仙石 通泰)は、同社が手掛けるシステム構築および製品開発をおこなううえで、株式会社HOWS(以下:HOWS、本社:東京都台東区、代表取締役社長:庄司 渉)の高速検索技術『ISSEI』およびAjax開発フレームワーク『HAL』を適用したユーザオリエンテッドで使いやすい、Webシステムおよびサービス・製品化に向け協業することで合意しましたので発表いたします。

 三技協は、移動体通信事業やワイヤレスブロードバンド通信事業、企業内情報通信事業など、長年にわたり情報通信の基盤整備を中心に事業展開をしてまいりました。昨今では、これら情報通信技術の実績と経験を企業活動のあらゆる分野に取り入れ、経営の最適化を図るソリューションやサービスの提供など幅広く事業展開しています。
 HOWSは、Ajax開発フレームワーク『HAL(ハル)』や、高速検索技術が特長である次世代Web基盤技術『ISSEI(イッセイ)』の開発およびこれらのWebシステムへの適用におけるコンサルティングサービスなどを提供しています。

今回の協業により、三技協は、同社の情報通信事業で培った技術とHOWSの次世代Web基盤技術を融合し、あらたな製品・サービスを創出することを目的に『三技協オプティマイゼーション・テクノロジーラボ』を立ち上げ、研究・開発をおこなってまいります。
なお、HOWSは、三技協の開発・販売する製品や携帯電話ネットワークのオプティマイゼーションなどの戦略的な技術開発プロジェクト遂行にあたり、『ISSEI』や『HAL』などの適用におけるコンサルティングおよび技術情報の提供、開発支援をおこなうほか、具体的な製品およびシステム開発への適用において、『ISSEI』や『HAL』の機能改善・改良をおこなうことでさらなる性能向上を図ってまいります。

なお、当ラボでは、『ISSEI』および『HAL』を利用して、三技協が独自に導入・展開するナレッジマネジメントシステム『サイバーマニュアル』の現バージョンの性能と操作性を向上させたものを開発し、今年秋にリリースする予定であり、さらに大幅な機能向上を図った『次世代サイバーマニュアル』を2009年秋に販売開始する予定です。
また、三技協のコアビジネスである『携帯電話ネットワークのオプティマイゼーション』においても『ISSEI』および『HAL』を活用して、より高速なネットワーク解析を通じて、携帯電話利用者の利便性改善と事業者の効率改善に寄与するシステムを実現していく予定です。
今後、両社では、『サイバーマニュアル』の開発のほか、三技協が積極的に取り組んでいるセンサネットワークの実用化のための様々な開発や実証実験で蓄積された情報の有効活用において、HOWSの高速検索技術『ISSEI』が有益であり、両社の技術を相互に持ち寄る(組み合わせる)ことで、あらたな製品・サービスを創出し、市場に展開していきたいと考えています。
また、三技協は当協業に併せてHOWS株の3.7%相当を保有致します。


【株式会社三技協について】
社 名  :株式会社三技協( (リンク ») )
代 表  :代表取締役仙石 通泰
本 社  :神奈川県横浜市都筑区池辺町4509
設 立  :1965年4月1日
資本金 :2億9,660万円(2007年5月31日現在)
業務内容: 
『The Optimization Company』のスローガンの下、業務の「見える化」を図り、業務の効率化を実現するとともに収益構造も革新してきました。業務の「見える化」を実現する「オプティマイゼーションサービス」、その問題解決手法『Performance Break Through : PBT』、ナレッジマネジメントシステム『サイバーマニュアル』には、業界を問わず業務革新を求める数々の企業様から強い関心が寄せられています。
 また、仕事環境の「利便性」「安全性」の追求から誕生した、シンクライアント・ソリューションThinStickやSBC(サーバー・ベースド・コンピューティング)のソリューションであるPlatformV Systemの販売にも力を入れております。
長年のコアビジネスとしては、衛星、無線、情報通信分野における独立系専門サービス企業としても、幅広い実績を有しています。
  1:情報通信設備の設計・施工、コンサルティング業務および情報通信機器の販売
  2:移動体通信に関するエンジニアリングおよびオプティマイゼーション業務
  3:マイクロ波通信・衛星通信に関するエンジニアリングおよび運用業務


【株式会社HOWSについて】
社 名:株式会社HOWS(ハウズ)( (リンク ») )
代 表:代表取締役社長 庄司渉
所在地:東京都台東区台東1-6-1石山ビル5階
設 立:2005年5月24日
資本金:2億2,264万円(2006年9月現在)
事業内容:
■Web2.0及びAjax関連ソフトウェア製品の開発・販売
■Web2.0及びAjax関連のコンサルティング・受託開発
■Web2.0及びAjax関連のレベニューシェア型サービス事業


【サイバーマニュアルについて】
サイバーマニュアルは、三技協が開発したWebベースのナレッジマネジメントシステムです。三技協には、Performance Breakthroughと称する業務改善のメソッドがあり、その成果は、暗黙知から形式知へと業務ノウハウをドキュメント化し、これをサイバーマニュアルによって情報共有することで、ナレッジ経営を推進する強力なツールとして運用してきました。過去5年以上の運用実績を持つシステムとその運用ノウハウをご提供いたします。


【携帯電話ネットワークオプティマイゼーションについて】
携帯電話ネットワークのオプティマイゼーションは、効率的な基地局設置計画と、サービス開始後の品質調査走行試験、走行試験結果に基づく解析、各種パラメータ調整により、携帯電話の通信品質を向上させるサービスです。
携帯電話事業者は、オプティマイゼーションを実施することで投資額を最小限におさえながらエンドユーザの通信品質を向上させることが可能です。


【ISSEIについて】
ISSEIは、ネットワーク時代に大量に集まるデータをOSの基本機能の利用とその基本機能を補完するプログラム群によって格納、超高速に検索・抽出することを可能にした、これまでにない柔軟性と拡張性および操作性を兼ね備えたWeb2.0時代の新たな基盤技術です。


【HALについて】
HALは、ソースコードを一定の記述ルールのもとクラス化することで、煩雑になりやすいAjaxソースコードにおいても、大規模Ajaxアプリケーション開発を容易にし、その開発生産性とメンテナンスビリティを飛躍的に向上することが可能なオブジェクト指向型Ajaxフレームワークです。


【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
■株式会社三技協
CSR推進本部コーポレートコミュニケーション 有賀
TEL:045-931-1111 FAX:045-931-0001 E-Mail:arigac@sangikyo.co.jp

■株式会社HOWS
広報担当 大塚
TEL:03-5818-7667 FAX:03-5818-0421 E-Mail:pr@hows-corp.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR