南米におけるモバイルデータサービスの売上高は、2013年までに230億ドルを突破 コンテンツ価格の引き下げが成長の鍵に

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月27日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Juniper Researchの発行する最新の英文調査報告書「South America Mobile Opportunities, Markets & Forecasts 2008-2013」の販売を開始いたしました。

情報通信業界に関する調査を専門とする英国の調査会社Juniper Researchがこのほど発行した調査報告書によりますと、メッセージングサービスやコンテンツサービスの普及拡大により、南米の通信事業者が提供する有料データサービスの売上高は、2008年の87億ドルから急速に拡大し、2013年には233億ドルを突破する見通しです。

報告書は、競争激化による料金引き下げと規制当局の介入により、音声サービスの収益に対する圧力がかつてないほど強まるなか、通信事業者がオンポータルコンテンツのポートフォリオ強化に取り組んでいると指摘する一方、コンテンツの小売価格とデータのダウンロード費用が極めて高額なため、南米地域における多彩なメディアサービスの発展が阻害されてきたという事情にも注意を喚起しています。

このほか本報告書では、以下の点が明らかになっています。
・ 南米におけるモバイルサービスのユーザーベースは、2008年の4億1,100万人から2013年には5億5,600万人に増加する見通し。
・ 南米地域の事業者が提供する音声サービスの売上高は、2011年にピーク(673億ドル)に達し、その後は下がる見通し。
・ 2011年までの時期で、総合月間通信事業収入(ARPU)が最も高くなるのはメキシコであり、チリを僅差で上回る見通し。

【 英文市場調査報告書 】

South America Mobile Opportunities, Markets & Forecasts 2008-2013

南米モバイル業界におけるビジネスチャンス、市場、予測:2008~2013年

(リンク »)

出版社Juniper Research

出版日2008/06


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR