CyberLink PowerDVD、 Blu-ray BD Profile 2.0 (BD-Live) とAVCRECロゴの認証を受ける

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年06月30日

台湾・台北発--(ビジネスワイヤ)--サイバーリンク社は、CyberLink PowerDVDがインタラクティブBD-LiveムービーコンテンツとDVDのハイデフィニション(以下、HD)MPEG-4 AVC(H.264)コンテンツの再生に適合していることにより、Blu-ray ディスクの新しい規格であるBD-Profile 2.0 (BD-Live) とAVCRECの認証を受けたことを発表しました。
BD Profile 2.0 (BD-Live) 規格に対応したPowerDVDで、ソーシャルネットワーキングと同様にマルチプレイヤーゲーム、eコマース、映画の予告編や字幕のダウンロードなどインターネットと連携したアクティビティが楽しめます。
また、AVCREC形式への対応により、MPEG-4 AVC (H.264) 形式を利用してDVD-Rに記録されたHDビデオを再生することができます。HDビデオカメラやビデオ編集ソフトウェアの普及に伴い、ユーザは高画質のホームビデオやハイビジョン放送のテレビ番組をHD形式で作成しPowerDVDで再生することが可能となります。
サイバーリンク社CEO アリス・チャン (Alice H. Chang) は以下のようにコメントしています。
「PowerDVDは常に最新のBlu-rayテクノロジーに対応しています。この度、最新のBlu-rayディスク技術の認定を受け、ユーザの皆さまがHDコンテンツ再生を高画質にてお楽しみ頂けることを大変嬉しく思っております。」
サイバーリンクのHDディスクソリューションに関する詳しい情報は (リンク ») をご覧ください。BD-LiveとAVCREC形式に対応のCyberLink PowerDVD (リンク ») はオンラインでのご購入が可能です。現在PowerDVD8をお持ちの方は、無償でアップデートして頂くことができます。


■お問い合わせ先
こちらのメールから担当;Renee ChenまたはManal Maまでお問い合わせください。
press@cyberlink.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!