米国において企業は徐々にレガシーWANサービスから離れる動き

株式会社グローバル インフォメーション 2008年07月01日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Statの発行する最新の英文調査報告書「The State of Network Migration: A Survey of US Firms Migrating to NGN」の販売を開始いたしました。

ハイテク市場の調査を専門とする米国の調査会社In-Statがこのほど発行した調査報告書「The State of Network Migration: A Survey of US Firms Migrating to NGN」において行った従業員50人以上および多数の拠点を持つ米国の企業を対象とした調査結果では、レガシーサービス(フレームリレー、専用回線およびATMなど)はWAN通信情勢における主要部分を支配しており、調査対象となった企業の62%が現在レガシーネットワークを使用しています。しかし同社は、さらに詳細な分析によって、このセグメントは著しい移行の過程にあることが明らかです、と言及しています。現在レガシーサービスを使用していると回答した企業の大多数は、レガシーネットワークから他のWANサービスへと部分的または全体的に移行中であるか、移行を計画中です。

これは突然の、大規模なレガシーサービスからの移行を表しているのではありません。さらなる分析結果は、回答企業のおよそ4分の1が今後12ヶ月間に渡ってレガシーサイトから他のサービスへの移行を計画中であることを示しています。

同調査報告書では、以下の点が明らかになっています。
▽IPおよびイーサネット基盤のWANサービスは、QoSといった高度な機能との統合アプリケーションをサポートする"マルチポイント"タイプの実行を、より効率的に供給するための更なる可能性を提供。
▽オペレーターは移行過程において積極的な役割を果たす。
▽2008年の追加/拡大について調査回答企業が最も言及したのはインターネットアクセスおよびNGNサービス。

【 英文市場調査報告書 】

The State of Network Migration: A Survey of US Firms Migrating to NGN

米国の企業における次世代ネットワーク(NGN)移行の情勢

(リンク »)

出版社In-Stat

出版日2008/06


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?