日本初の教科書完全解説DVD-ROM学習教材「キャンパスポート」発売

株式会社ワイズ 2008年07月09日

学習教材の企画制作を行う株式会社エヌアンドオーは、教科書解説DVDを 東京書籍株式会社の協力により、日本で初めて商品化しました。 教科書を完全解説したDVD-ROM学習教材として、国公立・有名私大を志望する 高校生向けに、販売元である株式会社ワイズから、発売を開始しました。

報道関係者各位
プレスリリース                      2008年7月9日
                            株式会社ワイズ
                        株式会社エヌアンドオー

----------------------------------------------------------------------
  日本初の教科書完全解説DVD-ROM学習教材「キャンパスポート」発売
           (リンク »)
----------------------------------------------------------------------

学習教材の企画制作を行う株式会社エヌアンドオーは、教科書解説DVDを
東京書籍株式会社の協力により、日本で初めて商品化しました。
教科書を完全解説したDVD-ROM学習教材として、国公立・有名私大を志望する
高校生向けに、販売元である株式会社ワイズから、発売を開始しました。

【教科書完全解説のDVD-ROM学習教材】
「キャンパスポート」は、有名予備校講師が東京書籍の教科書をわかり易く
解説した日本初の教科書完全解説のDVD-ROM学習教材です。1コマを約20分に
設定し、教科書に沿ってわかり易く、丁寧に解説しているため、集中力が途切
れることなく学習できます。
教科書を完全解説しているので、学校の授業の予習・復習に最適です。
また、授業では十分理解できなかった部分を繰り返し学習することにより、
最も重要な基礎学力の向上に役立ち、定期テストや内申点アップ、受験対策の
教材としても最適です。さらに、自分のペースで学習できるので、部活動との
両立や働きながら大学受験を目指す人にとっても強い味方となります。

シリーズ第1弾として、「数学I」「数学A」「化学I」を今回発売。年内には
シリーズ第2弾を発売予定です。

尚、東京書籍株式会社が運営する教育専門オンラインショップ
「東書WEBショップ」( (リンク ») )でも好評発売中
です。

【キャンパスポート無料体験モニター募集】
今回、実際にキャンパスポートを使っていただき、学習のし易さ、基礎学力の
向上を実感していただく為に、抽選で60名(タイトル毎に20名)の無料モニター
を募集中です。(モニターの詳細及び、応募については「キャンパスポート」
ホームページをご覧ください。)

【商品名】キャンパスポート
【価格】 数学I DVD-ROM ( 77コマ) ¥39,900(税込)
     数学A DVD-ROM ( 64コマ) ¥39,900(税込)
     化学I DVD-ROM (102コマ) ¥39,900(税込)

【キャンパスポート サイト】 (リンク »)

【会社概要】
名称   : 株式会社ワイズ
代表   : 代表取締役 鏡 仁志
大阪営業所: 〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町2-2-13
       マルイト堺筋ビル8F
TEL    : 06-6202-9088
FAX    : 06-6202-9087
URL    : (リンク »)
事業内容 : システム開発事業、教材販売事業、環境関連事業

名称   : 株式会社エヌアンドオー
事業内容 : 高校生向けの映像学習教材の企画&制作

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワイズ 大阪営業所
担当   : 平尾
TEL    : 06-6202-9088
FAX    : 06-6202-9087
E-MAIL  : info@wa-is.jp

このプレスリリースの付帯情報

数学Ⅰ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワイズの関連情報

株式会社ワイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!