YouTubeで祇園祭の映像配信を

YouTubeにKBS京都ブランドチャンネルを開設

株式会社京都放送 2008年07月23日

 株式会社京都放送(社長 中澤 隆司 以下、KBS京都)は、人気動画共有サイト、YouTube( (リンク ») )にブランドチャンネル( (リンク ») )を開設しました。

 このブランドチャンネルの中で、京都三大祭の一つ、祇園祭に関する様々な映像を配信します。
あわせて、今までKBS京都が運営していた祇園祭サイト( (リンク ») )を改修し、動画視聴・ポッドキャストといったこれまでのコンテンツに加え、来年テレビの開局40年を迎えるKBS京都がこれまで取材した映像を再編集し、39年前の映像と近年の映像を比べることができるようになります。これにより、変化する祇園祭、変わらずに受け継がれていく祇園祭を感じていただけるサイトとなっております。

 また、7/1の「吉符入り」から7/17の「山鉾巡行」を経て、7/31の疫神社夏越祭で終わる祇園祭の様々な行事や、32基の山鉾に関しての詳細なテキスト情報も充実させ、YouTubeで祇園祭の映像に触れた利用者に、正しい祇園祭の情報を知っていただけるようにします。

 開設当初、祇園祭に関する動画を60本公開します。今回は祇園祭をテーマとした実証実験としての取り組みであり、8月末までのアクセスを検証するために実施いたします。


■問い合わせ先
KBS京都デジタル事業局 城(しろ)・勢塒(せとき)
TEL(075)431-1146 / FAX(075)417-0815

このプレスリリースの付帯情報

Youtubeブランドチャンネル・祇園祭サイト

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社京都放送の関連情報

株式会社京都放送

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?