株式会社サムライインキュベートは、株式会社予測市場研究所の営業支援 をいたします。

株式会社サムライインキュベート 2008年07月31日

報道関係者 各位 プレスリリース

2008年7月30日
                          株式会社サムライインキュベート
                          代表取締役CEO 榊原 健太郎

株式会社サムライインキュベート(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO 榊原健太郎)
は、株式会社予測市場研究所(本社:東京都渋谷区 代表取締役 鈴木良宏)の営業支援
をいたします。

予測市場とは、株式市場の市場メカニズムを用いて多くの人の意見を集約した集合知を
導き出し、将来の出来事を予測するという仕組みです。

予測市場研究所では、政治・経済・金融を中心とした事象に連動する仮想証券を売買
して将来の出来事を予測する予測市場サイト『TrendNeXt』 (リンク »)
と、スポーツ・芸能を中心とした事象に連動する仮想証券を売買して将来の出来事を
予測する予測市場サイト『miraix』 (リンク ») を構築・運営しております。

またこの度、これらの予測市場サイトを利用した「予測市場システム」をOEM提供の
開始いたします。この「予測市場システム」を導入するサイト様は、高い構築コスト、
運用の手間を気にすることなく、PV向上、ユーザのアクティブ率上昇を見込むことが
可能となります。

予測市場システムの基幹データベースは、一つの市場として予測市場研究所により
一元管理されていますので、導入されたサイト様は、巨大な予測市場ネットワークに
参加することも可能となります。

今後、サムライインキュベートは、予測市場研究所の「予測市場システムのOEM提供」
、「予測市場を利用したインターネットメディア事業」、「社内予測市場システムの
導入コンサルティング」、「予測市場に関する研究調査事業」において、営業支援を
いたします。

サムライインキュベートは、
『できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える』のミッションに基づき
シード・アーリーベンチャーの経営・マーケティング・営業・人事戦略に対し、企業
と共に強力に携わることで、収益向上の仕組みを構築し、世界を変えるような仕組み
・サービスを自ら構築、提供する活動を行って参ります。

【会社概要】
--------------------------------------------------------------------------------
 ■会社名  株式会社サムライインキュベート(Samurai Incubate Inc.)
 ■代表者  代表取締役CEO 榊原 健太郎
 ■設 立  2008年3月14日
 ■所在地  東京都世田谷区深沢6-33-3-2F  
 ■URL    (リンク »)
 ■問合せ先 (リンク »)
 ■事業内容 シード・アーリーベンチャーへの経営・マーケティング・営業・人事戦略支援
--------------------------------------------------------------------------------
 ■会社名  株式会社予測市場研究所
 ■代表者  代表取締役 鈴木 良宏
 ■設 立  2007年11月1日
 ■所在地  東京都渋谷区代々木4-29-3西参道梅村ビル4階
■URL   (リンク »)
 ■Email  info@pmri.jp
 ■事業内容 1) 予測市場を利用したインターネットメディア事業
    2) 予測市場に関する研究調査事業
   3) 予測市場システムのOEM提供
   4) 社内予測市場システムの導入コンサルティング

--------------------------------------------------------------------------------

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名  株式会社サムライインキュベート
 ■担当者  広報:小田
 ■問合せ先  (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サムライインキュベートの関連情報

株式会社サムライインキュベート

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから