気軽に学べる学習システム『Choistudy(ちょいスタディ)』に新機能「プライベートクラス機能」を追加

株式会社チョイスタジオ 2008年07月31日

株式会社チョイスタジオ(京都府京都市 代表取締役瀧下浩)は、同社が提 供する学習システム『Choistudy(ちょいスタディ)』(http://www.choistudy.jp) の新機能として「プライベートクラス機能」を追加し、2007年7月31日にリリース致しました。

報道関係者各位
プレスリリース                      2008年7月31日
                        株式会社チョイスタジオ
                         代表取締役 瀧下 浩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気軽に学べる学習システム『Choistudy(ちょいスタディ)』に
新機能「プライベートクラス機能」の追加を実施しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 株式会社チョイスタジオ(京都府京都市 代表取締役瀧下浩)は、同社が提
供する学習システム『Choistudy(ちょいスタディ)』( (リンク ») )
の新機能として「プライベートクラス機能」を追加し、2007年7月31日にリリース致しました。

新機能の概要

■プライベートクラス機能の追加■
○ユーザーが独自のクラスを作成することが可能になりました。
 一連のドリルをカリキュラムとして提供する「クラス」を、ユーザーが独自
で作成することができる「プライベートクラス機能」を追加しました。既にCh
oistudy上で提供されているドリルを組み合わせて、カリキュラムを作成し、ユ
ーザーがオリジナルのクラスを作成することができます。プライベートクラス
には、作成ユーザー(担任)が許可したユーザーのみが参加することができま
す。

○プライベートクラス内での学習状況の共有が可能になりました。
 プライベートクラス内では、成績やドリルの進み具合などといった学習状況
を、プライベートクラスに参加しているユーザー間や、プライベートクラスの
作成ユーザー(担任)と共有することができます。プライベートクラスに参加
するユーザーみんなで、進み具合をあわせながら勉強したり、ドリルの成績で
競争したりすることも可能です。

○このような方々にオススメです。
 ・企業研修で情報処理技術者試験を勉強させたい企業の研修担当者様
 ・企業研修で勉強の進み具合や成績を把握したい企業の研修担当者様
 ・情報処理技術者試験の合格を目指す企業や学校内の有志グループの皆様

今後もより使いやすいサービスを目指して機能改善を行って参ります。
今後とも 『Choistudy(ちょいスタディ)』 をご愛顧くださいますようよろ
しくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ちょいと学べる学習システム『Choistudy(ちょいスタディ)』 ■
  ⇒  (リンク »)
■ 株式会社チョイスタジオ ■
  ⇒  (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会社概要 ■
□名称:株式会社チョイスタジオ
□住所:〒604-00441 京都市中京区下古城町376-305
□設立:平成20年4月1日
□資本金:1,675万円
□代表者:代表取締役 瀧下浩
□事業内容
インターネットを利用したサービスの企画・開発・運用
□概要:
弊社は知識の視覚化・構造化を重要なミッションと位置づけ、『Choistudy』と
いうサービスをご提供させていただいております。このサービスを通じて、自
らの知識に自信を持つことができ、安心して知識を身につけられるような社会
の実現に貢献したいと考えております。

□本件に関するお問い合わせ先
株式会社チョイスタジオ
広報担当:鷲見
info@choistudio.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社チョイスタジオの関連情報

株式会社チョイスタジオ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!