Verint とNICE Systems が特許権侵害訴訟で和解

ナイスジャパン株式会社 2008年08月18日

ナイスシステムズ(NICE Systems NASDAQ: NICE、以下、ナイスシステムズ)とベリントシステムズ (Verint Systems NASDAQ:VRNT.PK、以下、ベリントシステムズ)は、本日、両社間のすべての特許権侵害訴訟について和解し、訴訟の取り下げに同意したことを発表しました。尚、和解金の支払いなど和解条件については公表されていません。


ベリントシステムズ 社長兼CEO Dan Bodner 氏は次のように述べています。
「弊社は、今回の和解により、革新的なソリューションの市場への提供に専念することで、私たちのお客様とパートナーに利益をもたらします」
また、ナイスシステムズ CEO Haim Shani は次のように語っています。
「私たちのパートナーとお客様に最大の利益をもたらす形で、長年にわたる係争案件が解決されたことを嬉しく思います」

用語解説

ナイスシステムズについて
ナイスシステムズは、電話、Web、無線、およびビデオを通じたコミュニケーションから取り出した非構造的なマルチメディア・コンテンツの高度な分析に基づく「対話からの洞察: Insight from Interactions<TM>」ソリューションのリーディングプロバイダです。ナイスシステムズはIP コンタクト・センター、支店営業店、指揮統制センターのための最新ソリューションによりVoIPベースのコミュニケーション管理をまったく新しいものにしています。ナイスシステムズのソリューションは、組織の意思決定方法に変革をもたらし、業績向上やセキュリティ問題への対応、先進的な企業活動を可能にしています。ナイスシステムズの取引先はフォーチュン100 企業のうち85 社以上を含み、135か国、24,000 社以上に上ります。詳細についてはwww.nice.com/jp をご参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ナイスジャパン株式会社の関連情報

ナイスジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR