ECサイト構築のECBB SEO対策のサービスプランを増強!「携帯SEO・モバイルSEO対策」「グローバルSEO対策」を開始

ECBB株式会社 2008年08月20日

From DreamNews

ECサイト構築・CMS構築・ブログ構築等のパッケージ販売を手掛けるECBB株式会社(代表取締役社長 松浦康裕)は、携帯の検索エンジンに対応した「携帯SEO対応」、英語WEBサイトへ対応した「グローバルSEO対策」を開始することでSEO会社としてのサービスプランを増強しました。

ECBB株式会社[ (リンク ») ]のSEO対策[ (リンク ») ]は、日々変化する検索エンジンのアルゴリズムを追求するとともに、新しいメディア・ジャンルへのSEO対策を進めています。
今回のサービスプラン増強は、従来通りWEBサイトに対するSEO対策の刷新に加え、本格化が著しい「携帯SEO・モバイルSEO対策」、英語圏からの集客効果を実現する「グローバルSEO対策」を開始しました。



【携帯SEO・モバイルSEO対策について [ (リンク ») ]】


ECBBの「携帯SEO・モバイルSEO対策」はi-menu、auone、Yahoo!ケータイがそれぞれ独自に実装する3キャリアの検索エンジンに、PC同様大きな影響力を持つGoogleモバイル、Yahoo!モバイルを加えた5つの検索エンジンで上位表示を目指します。



【グローバルSEO対策について [ (リンク ») ]】


ECBBの「グローバルSEO対策」は英語圏向けのWEBサイトに対応しています。
SEO対策に精通した外国人エディタによる英文テキストライティングを元に、英語圏のYahoo!・Googleの検索順位上位表示を狙います。


●主な英語圏の国々
アメリカ合衆国・イギリス・カナダ・オーストラリア・インド・台湾・香港・シンガポール・フィリピン・ニュージーランド等



【SEO対策サービスプラン [ (リンク ») ]】


ECBBではユーザーの目的や予算から効果的にSEO対策を導入していただけるよう、3つのサービスプランを実施しています。


●SEO対策 成果報酬プラン

ご希望のキーワードごとに成功報酬を設定し、Yahoo!Japan・Googleで上位表示に成功した日数に応じてお支払いいただく料金を決定します。


●SEO対策 初期費用型プラン

成約率を高めるキーワード選定など、戦略的なSEO対策をご提案します。定期的にSEO結果を報告・検討・見直しすることで継続的な上位表示を実現します。


●SEO対策 導入プラン(スターターパック)

低コストでSEO対策が実感できる入門プランです。
あるSEO対策テクニックの中から、定石というべき手法だけを集めたパッケージプランです。


以上


--------------------------------------------------------------
【ECBB株式会社 会社概要】


名称:ECBB株式会社
代表取締役社長 : 松浦 康裕
本社住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 渋谷アサヒビル 8階
TEL:03-5468-6427
FAX:03-5468-6428
E-MAIL:[info@ecbb.jp]
URL:[ (リンク ») ]


事業内容:
・ECBB SEO対策
  (リンク »)
・ECBB CMS構築(SEO対応)
  (リンク »)
・ECBBオンラインショップ構築・ECサイト構築パッケージ
  (リンク »)  
・ECBB自社アフィリエイトシステムSEO対応
  (リンク »)  
・ECBBブログ構築・ブログポータル構築システム
  (リンク »)  
・ECBBメール配信ASP・メール配信システム
  (リンク »)
・ECBBレベニューシェアサービス
  (リンク »)  
--------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから