調査結果「災害グッズなどの備えをしているのは3人に1人。関東在住の8割が関東大震災への不安も」

災害への備え、3人に1人が「している」     ~5人に4人は関東大震災に「不安あり」

株式会社アイシェア 2008年08月20日

居住地の避難場所については、7割が「把握している」と答えたが、地震など の災害に備え、非常用品を準備しているのは3分の1。また、関東在住者は3分 の1が関東大震災に「大いに不安」、半数が「多少は不安」と答えており、5 人に4人は「不安あり」だが、「大いに不安」と回答した人でも半数近くは非 常用品は準備していない。不安は抱いているものの具体的な対策を講じてい る人は少数派、というのが現状のようだ。

<調査概要>
今年6月に岩手・宮城内陸地震が、また7月には岩手北部地震が発生したこと
もあり、人々の地震への関心が高まっている。9月1日の防災の日を前に、20
代から40代を中心とするネットユーザー男女を対象に、地震などの災害への
備えについて調査した。有効回答数は312。

地震などの災害に備え、非常用品を準備しているか聞いたところ、「準備し
ている」が32.7%、「準備していない」が67.3%で、3人に2人が特別な備え
をしていなかった。「準備している」人の比率は、男性が31.1%、女性が
34.5%と、女性がわずかに高め。また世代別では、20代が32.4%、30代が
31.5%、40代が37.4%と、40代がやや高めだった。

準備しているものを複数回答形式で答えてもらったところ、トップは「懐中
電灯」で82.4%。次いで「飲料水(ミネラルウォーターなど)」「非常食
(乾パンや缶詰など)」がともに81.4%と続き、次の「携帯ラジオ」62.7%、
「応急医薬品」55.9%を大きく上回った。性別で顕著な差が現れたのは「懐
中電灯」で、男性が88.5%、女性が76%。また「携帯ラジオ」も男性が67.3
%、女性は58%、「生活必需品(洗面用具・タオル・ティッシュペーパーな
ど)」も男性が48.1%、女性が40%と男性の方が準備比率が高い。逆に女性
のほうが高かったのは「非常食(乾パンや缶詰など)」の86%、「衣類」36
%など。男性は被災時の安全や情報収集に、また女性は被災時の衣食に重き
をおいて災害に備える傾向があるようだ。また、世代に顕著な差が見えたの
は「飲料水」で、20代の54.5%に対し、30代は84.3%、40代は88.2%。また
「携帯ラジオ」は20代、30代の50%台に対し、40代は79.4%だった。

回答者のうち関東在住者173名に関東大震災への不安があるか聞いたところ、
「大いに不安」が33.5%、「多少は不安」が52.6%、「不安はない」が13.9
%で、5人に4人は不安を抱いていた。「大いに不安」と感じている比率は男
性30%、女性37.3%、20代26.7%、30代34.3%、40代39.5%。男性より女性
が、また世代が高いほど高くなっていた。しかし「大いに不安」と答えた人
でも、非常用品を準備しているのは51.7%と半数強で、「多少は不安」と答
えた人では71.4%が準備していなかった。

災害への備えをしていない人にその理由を聞いたところ、ほぼ半数の49.5%
が「特に準備を考えていなかったから」と回答。「面倒だから」も25.2%に
のぼった。中でも20代は47.8%が「面倒だから」と回答、40代では57.9%が
「特に準備を考えていなかったから」と回答しており、若い世代は「面倒」、
高い世代は「自分に関わりがない」という認識が強いのかもしれない。

しかしその一方で、居住地域の避難場所を「把握している」人の比率は、全
体の67.6%にのぼり、非常用品を備えている比率が低い20代が73.5%と最も
高い。非常用品の備えに関心が薄いのは、災害への危機意識が希薄な結果で
はなく、非常用品を備えることより、避難することの優先順位が高いためな
のかもしれない。

<調査データ>
・地震などの災害に備えて、非常用品は準備していますか?
・備えとして準備しているものを教えてください。
・備えをしていない最も大きな理由をお答え下さい。
・お住まいの地域の避難場所がどこか把握していますか?
・関東にお住まいの方に質問です。関東大震災への不安はありますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:312名
調査日:2008年8月1日~4日
男女比:男性:53.5% 女性:46.5%
年代比:20代:10.9% 30代:51.9% 40代:29.2% その他:8.0%

-----------------------------------
 「災害の備えに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから