サーバー監視・サイト監視の完全無料監視ツール 「パトロールクラリスフリー(PATROLCLARICE FREE)」を提供開始 ~有償製品版の外部監視機能を無料で簡単に利用可能~

株式会社コムスクエア 2008年08月29日

株式会社コムスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役社長:上嶌 靖 以下、コムスクエア)は、 自社開発のエージェントレスによるサーバー・ネットワーク監視ツール「パトロールクラリス(PATROLCLARICE)」の外部監視機能(サーバー、サイトの監視)を無料でお使いいただける、 SaaS型のサービス「パトロールクラリス フリー」の提供を開始いたしました。

≪サービスの特徴≫
▼監視可能なメニュー
・URL監視 ・PORT監視 ・PING監視


■インターネット越しの外部監視が可能(URL監視)
内部からの監視からではわからないユーザー視点から、正常にサイトが表示されているのかを外部監視することができます。そのため、WEBサービスの維持に大変有用です。


■SSL証明書有効期限の監視が可能(URL監視)
SSL証明書の有効期限がユーザー指定の残り日数に到達した場合に、通知する事ができます。


■携帯サイトの監視も可能(URL監視)
ユーザーエージェントを変更して監視をおこなう事も可能なため、携帯電話(PHSは含まず)でアクセスされた場合のサイトの監視も簡単に設定できます。


■詳細な監視設定が可能(URL監視)
レスポンスタイムでの監視やキーワードでの監視、アラートメールの件名と本文を自由に変更可能である等、きめ細かな監視の設定が実施できます。


■携帯電話向け監視レポートでアラート時の状況をリアルタイムで察知可能
アラートを検知した場合は設定した携帯電話へもアラートメールが送信され、本文中のURLをクリックすることで、携帯電話用のレポートを見る事が可能です。パソコン上と同様にグラフも表示され、サーバーの状態を視覚的に確認することができます。

≪ご登録方法≫
サービス紹介サイト( (リンク ») )のページ上部「登録・利用はこちらから」へアクセスのうえ、登録フォーム内の各項目へご記入下さい。

ご入力後「監視を始める」をクリックすると本登録のご案内を差し上げるメールが返信されます。メール本文に記載されているURLをクリック頂くと登録完了となり、サーバー、サイトの監視が開始されます。

ご利用方法
▼管理画面から下記のサービスがご利用いただけます。

・現在のアラート状況
・監視レポート
・監視設定一覧
・統計情報
・障害履歴
・監視の設定変更

≪パトロールクラリス(PATROLCLARICE)について≫

★製品公式サイト (リンク »)

コムスクエアが、自社のiDC/MSP実績で培った技術・ノウハウ・経験をベースに開発したサーバー・ネットワーク監視ツールです。システム監視の運用に関わる業務と時間のロスを削減して、効率化を推進することが可能です。全システムの稼動状況を的確に把握して「システムを止めない運用」を実現し、ユーザーのTCO*削減に寄与します。

iDC/MSP事業者等の商用利用や、官公庁、地方自治体、大学、大手民間企業における自社使用等、幅広くご採用いただいております。
*Total Cost of Ownership:コンピュータシステムの導入、維持・管理等にかかる費用の総額


●エージェントレス方式で監視の設定・変更が簡単&便利になって、運用効率を向上
従来のシステム監視製品は、エージェント(監視プログラム)を監視対象のサーバーへ直接インストールする方式が主流でした。

これに対して「パトロールクラリス(PATROLCLARICE®)」は、エージェントを監視対象のサーバー内へ置かない「エージェントレス方式」で、サーバー、ネットワーク機器等をリモート監視することが可能です。監視対象の設置先における作業負担を削減のうえ、監視環境、監視メニューの設定や変更が簡便化されて、監視体制の運用効率を高めることができます。


●サービスの要となる「WEBシステム」、「業務システム」の安定運用までサポート
サーバーやネットワークの各機器に対する死活監視、リソース監視等の通常の監視メニューに加えて、サービスレイヤーへの監視(URL階層監視、コンテンツ改竄監視、Logキーワード監視等)も可能です。

さらに、ユーザー自らが設定したコマンドの実行結果を監視できるカスタマイズ監視、SSL証明書期限の監視等も揃っており、「WEBシステム」、「業務システム」の安定運用までを支えます。


●企業のITシステム全体をトータルで監視可能に
エージェントレスのメリットを活かして、サーバー機器、ネットワーク機器、アプリケーションまでを対象に、企業の情報通信システム全体を監視することが可能です。

また、レポート機能が充実し、最新の監視結果、過去の障害履歴、サーバー構成等の情報を一元化することにより、システムの状態や傾向、さらにはシステム障害における予兆の分析等に効果を発揮します。

⇒監視機能の種類は当社ホームページ掲載のニュースリリース全文よりご確認ください。
(リンク »)

≪当発表に関するお問合せ先≫
社名 : 株式会社コムスクエア(COMSQUARE Co., Ltd.)
URL : (リンク »)
代表者: 代表取締役社長 上嶌 靖
本社所在地:東京都江東区塩浜2-2-13
担当:広報関連のお問い合せ: R&Dグループ 広報チーム
TEL:03-4461-2566 FAX:03-4461-2560
営業関連のお問い合せ: セールスグループ
TEL:03-4461-2544 FAX:03-4461-2540
お問い合わせ窓口: (リンク »)
企業情報の詳細: (リンク »)
製品紹介URL: (リンク »)
※PATROLCLARICEは、コムスクエアの登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コムスクエアの関連情報

株式会社コムスクエア

株式会社コムスクエアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!