アドウェイズ、アフィリエイトと連動したアバター付き音声広告バナーサービス開始 ~3DCG技術と音声合成技術を使った音声広告バナー~

株式会社アドウェイズ 2008年09月01日

株式会社アドウェイズ(東証マザーズ2489、東京都新宿区・代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、株式会社リアファクトリーの持つWEBコンサルティングサービス、モーションポートレート株式会社の保有する3次元アニメーション技術、および株式会社4COLORSの保有する音声合成技術を利用した日本初のアバター付き音声広告バナーの販売を開始いたします。

■アバター付き音声広告バナーについて
アバター付き音声広告バナーは、バナー広告内の人物やキャラクターが音声によって広告商品をPRし、広告を見ているユーザーを広告主のサイトへ誘導するサービスです。
カーソルの動きを目で追いユーザーに語りかけるため、広告の持つ“伝える効果”が非常に高くユーザーとのコミュニケーションを図ることができます。
また音声によるPRを行うことで、バナー広告という小さな場所でも多くの情報を伝えることができ、サイト内に掲載されている多数の広告に埋もれることなく商品の訴求が可能です。
制作については、バナー広告内に設置する人物や動物、キャラクターの画像と、音声となるテキストをご用意いただくだけで、視覚と音による演出を施されたエンターテイメント性の高い音声バナーが実現します。

この音声バナー広告を、アドウェイズのPC向けアフィリエイトサービス「JANet(ジャネット)」にて活用することで、JANetの提携する約150,000のサイトから効率よくユーザーを広告主のサイトへ集客することが可能となりました。

《サンプル版URL》
(リンク »)

□■□株式会社アドウェイズについて (リンク »)
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。
□■□株式会社リアファクトリーについて(東京都千代田区 代表取締役社長 尾家健二)
株式会社リアファクトリー( (リンク ») )は、多くのシステム会社が構築したプログラムをパッケージ化し、カスタマイズを行うことができるシステムポータルサイト「webshare.jp」を運営。またWEBシステムの開発から、構築後のWEB販促といったコンサルティングまでIT技術を駆使したトータルサポートを提供します。
□■□モーションポートレート株式会社について(東京都港区 代表取締役社長 藤田純一)
モーションポートレート株式会社( (リンク ») )は、1枚の写真を瞬時に3次元CGへ変換し、アニメーションを作り出す独自の技術を軸に、各種販促ツールのソリューション提供、ゲームなどをはじめとするミドルウェア提供、インタラクティブ・コンテンツ提供を事業の3本柱とし、「驚きと感動」を創造し続ける企業を目指しております。
□■□株式会社4COLORSについて(神奈川県横浜市 代表取締役 加山緑郎)
株式会社4COLORS( (リンク ») )は、Oddcast,Inc.の保有するFlash技術を利用した独自リップシンク技術と、音声合成技術用いた「喋るキャラクターアバター」サービスを日本国内にて提供しています。

本件に関するお問合わせ先 ----------------------------------------------------
株式会社アドウェイズ 
担当者:藤崎さえ子
TEL  :03-5339-7131
連絡先:press@adways.net

このプレスリリースの付帯情報

バナーイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから