休日・夜間の掲示板監視を代行する『コミュニティパトロール・ホリデイ』の提供開始

株式会社ガイアックス 2008年09月11日

株式会社ガイアックスは、ブログ・SNS・掲示板などのコミュニティサイトの監視を休日・夜間のみ代行するサービス、『コミュニティパトロール・ホリデイ』の提供を開始いたします。

株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、ブログ・SNS・掲示板などのコミュニティサイトの監視を休日・夜間のみ代行するサービス、『コミュニティパトロール・ホリデイ』の提供を開始いたします。

『コミュニティパトロール・ホリデイ』を利用することで、現在、営業時間内しか投稿監視を行っていないコミュニティサイト運営事業者様も24時間365日の投稿監視を効率よく実現し、より一層のサイトの健全化を図ることが可能です。

ガイアックスは今後も『コミュニティパトロール』を通して、コミュニティサイトの健全化を推進してまいります。

『コミュニティパトロール・ホリデイ』の特長は以下の通りです。

● 月額運用費5万円からご提供
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『コミュニティパトロール・ホリデイ』は、ブログ・SNS・掲示板などのコミュニティサイトを休日(終日)と夜間(20時~翌朝9時)限定で監視代行するサービスです。
月額運用費5万円からの提供で、監視件数が増えるごとに課金されるシステムです。休日・夜間のためだけに監視員を採用したり、教育にかかる体制を構築したりする手間が省け、管理コストが発生することもなくなります。

● 監視基準とシステムの提供で、24時間365日安定した監視体制を実現
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『コミュニティパトロール・ホリデイ』で使用する監視基準及び専用監視システムを昼間の時間帯にもご利用いただけるようライセンス提供いたします。これにより、『コミュニティパトロール・ホリデイ』が監視する休日・夜間と、自社で監視を行っている営業時間内との間で業務水準統一化を図ることができるため、24時間365日での安定した監視体制が保てます。

● 最も投稿の増える休日・夜間のトラブルリスクを専門的に管理
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コミュニティサイトは休日・夜間に多くのユーザーが集まり、投稿が増える傾向にあります(下図参照)。しかし、多くの人が集まる場所にはトラブルがつきもので、結果、夜間は投稿数および削除数(不適切な投稿を削除した数)が、昼間に比べて倍以上となることがわかりました。
有害情報の掲載時間を可能な限り短くし、犯罪予告など緊急性の高い投稿に対して迅速に対応するためにも、休日・夜間での有人監視は必要不可欠です。


● EMA(※1)の運用管理体制認定基準に準拠した体制を構築
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 (通称、以下EMA)がコミュニティサイトの運用管理体制を認定するために設けた、「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」では、投稿の発見時から削除等の対応までの時間をはじめ、22項目の基準が定められています。(※2) 
今後、青少年に対しコミュニティサイトを提供する場合に、健全な管理体制と認められるサイトとなるためには、認定基準にあわせて休日・夜間での投稿監視及び削除等の対応が必要となります。

------------------------------------------------------------------------
■『コミュニティパトロール」について
------------------------------------------------------------------------

(1)ガイアックスのコミュニティパトロールについて
ガイアックスでは、監視のプロフェッショナルチームが掲示板への書き込みを24時間365日有人で監視しています。現在、50名体制で約60サイト程度の監視を行っており、犯罪予告、他人への誹謗中傷、公序良俗に反する書き込み、個人情報といった違法・有害情報を発見次第、スピーディーに削除などの措置を講じています。
また当社では、ユーザーのコミュニケーションを阻害することなく、文脈を読み取りながら悪質なユーザーを排除し、安心・安全なコミュニティ作りを支援しています。同時に独自の専用監視システムもご提供しております。

(2)ガイアックスの提案する健全化について
ガイアックスでは、創業以来オンラインコミュニティに専門特化し事業を行っており、過去500社以上とのオンラインコミュニティ企画・構築・運営等の実績を元にサイトのさまざまな観点からサイト健全化への提案を行っております。
特に監視体制においては、EMAの定める監視体制に関する基準に準拠しており、運用管理体制認定基準を満たしているか調査する、「健全コミュニティ運用パッケージ」の提供(※3)も行っております。

(3)ご利用ケース
以下のような場合には「コミュニティパトロール・ホリデイ」をご利用下さい。
・ 営業時間内しか自社で監視をしていていない
・ 夜間・休日での掲示板監視も必要としている
・ 24時間体制で掲示板監視の現状体制を見直したい
・ 今後EMAへの申請を検討している
・ 今後携帯コミュニティの構築を考えている


当社が提供するサービスはEMAが行う審査とは関係ありません。


■ 関連URL
ブログ・SNS・掲示板監視サービス「コミュニティパトロール」 
(リンク »)
「EMA申請・コンサル」
(リンク »)
その他のガイアックスソリューション
(リンク »)

■ 株式会社ガイアックス 概要(2008年8月末現在)
設立:1999年3月5日
資本金:4億3817万1千円
代表執行役社長: 上田祐司
従業員数:105名
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8F
事業内容:コミュニティサービスの企画・開発・運営及びコミュニティを中心とする各種ASPの提供・コンサルティング
所属団体:社団法人関東ニュービジネス協議会、モバイル・コンテンツ・フォーラム、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)
※ EMAには発起人としても参加しております

【お問い合わせ先】
株式会社ガイアックス
オンラインマーケティング部  担当者: 蔵田・江戸
TEL:03-5464-0353
FAX:03-5464-0303
E-mail:solution@gaiax.com(@は小文字に変換しご利用ください)

用語解説

※1 正式名称は有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構。インターネット上の違法・有害情報から青少年を保護して健全な育成を促進するため、携帯電話向けサイトの安全性を審査・認定する第三者機関。コミュニティサイトの運営管理体制の審査・認定を行っている。2008年4月設立。

※2 緊急を要する投稿への対応時間について「12時間」という基準が定められている。但し、サイト運営事業者が提供するサービスの規模について、投稿数が少なく、問題の発生も限定されている場合には、投稿実績に基づく統計的判断によって、「12時間」を「24時間」にするなど、必要とされる体制を
勘案することができる。

※3 プレスリリース「健全コミュニティ運用パッケージの提供を開始」 
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ガイアックスの関連情報

株式会社ガイアックス

株式会社ガイアックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから