調査結果「『Google Chrome』利用経験者は1割強、インターネット関連職では半数以上」

株式会社アイシェア 2008年09月17日

今月9月1日に発表、翌2日にベータ版がリリースされたWebブラウザ「Google Chrome」。リリースされて3日あまりの時点で「Google Chrome」を「利用済 み」としたのは1割強。「初めて知った」が全体の4割と、さすがに認知度は 低いが、インターネット関連業務従事者では半数以上が「利用済み」と回答。 利用経験者に今後の利用意向を聞くと、6割が「利用したい」と前向きだった。

「Google Chrome」利用経験者は1割強、インターネット関連職では半数以上
  ~利用経験者の6割が今後も利用意向あり
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
今月9月1日に発表、翌2日にベータ版がリリースされたWebブラウザ「Google
Chrome」。世界中を驚かせた公開から数日がたち、「Google Chrome」はどの
ような印象を与えているのか?緊急調査を行い、20代から40代を中心とする
ネットユーザー男女309名の回答を集計した。調査期間は9月4日~5日。

Webブラウザの入手・利用方法について聞いたところ、全体では「PCの付属の
もの(標準のもの)」が46.0%、「自身の意志でインストールして利用」が
50.2%、「家族・知人がインストールしたものを利用」が3.9%。男性は「自
身の意志でインストールして利用」が60.6%を占めるが、女性は「PCの付属
のもの(標準のもの)」が女性55.8%で「自身の意志でインストールして利
用」は35.7%にとどまった。年代別に大きな差は見られなかった。

「Google Chrome」を使ってみたいと思うか?との問いには、全体では「利用
済み」が13.3%で、リリースされてわずか3日あまりの間に1割強が利用。
「今後導入予定」が16.8%、「知ってるが利用予定なし」が30.4%の一方で
「初めて知った」も39.5%と、まだまだ認知度は低い。男女別で見ると、
「利用済み」は男性20.0%に対し女性3.9%、「初めて知った」は男性24.4%
に対し女性60.5%と、利用率・認知度ともに男性の方が高い。また年代別で
は「利用済み」は20代20.0%、30代15.7%、40代9.0%、「初めて知った」は
20代30.0%、30代38.1%、40代43.0%となっており、若い年代ほど利用率・
認知度が高い結果となった。Webブラウザの入手・利用方法別で見た場合、
「自身の意志でインストールして利用」では「利用済み」が21.3%と高く、
「初めて知った」は22.6%で低い。一方「PCの付属のもの(標準のもの)」
においては「利用済み」は5.6%と低く、「初めて知った」が53.5%と高くなっ
ている。職業別では、特に「インターネット関連の業務」で「利用済み」が
53.8%と高い割合である点が目をひき、同職業に携わる人の高い関心が伺え
る。

「Google Chrome」を「利用済み」とした人に、今後の利用意向を聞いたとこ
ろ、全体では「積極的に利用したい・乗り換えたい」が22.0%、「必要に応
じて利用したい」が36.6%で、あわせると「利用したい」は58.5%にものぼっ
た。一方で「今後に期待する」が29.3%、「特に必要性を感じなかった」と
したのは12.2%だった。Webブラウザの入手・利用方法別で見た場合、「利用
したい」の割合に大きな差は見られないものの、「特に必要性を感じなかっ
た」の割合を見ると、「PCの付属のもの(標準のもの)」では37.5%である
のに対し、「自身の意志でインストールして利用」では6.1%と低い。職業別
では、特に「インターネット関連の業務」において「積極的に利用したい・
乗り換えたい」が42.9%と、他のIT関連職と比較しても高く、インターネッ
ト関連職の人から高い評価を得ていることがわかった。

<調査データ>
・「Google Chrome」を使ってみたいと思いますか?
・インターネットブラウザをどのように入手・利用していますか?
・「Google Chrome」を利用した感想を教えてください。
・あなたの職業・職種を教えてください。
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:309名
調査日:2008年9月4日~5日
男女比:男性:58.3% 女性:41.7%
年代比:20代:12.9% 30代:43.4% 40代:32.4% その他:11.3%

 ────────────────────────────────
 「Google Chromeに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから