クウジット、リクルートの『Hotpepper for iPhone』に「PlaceEngine」を提供

~PlaceEngine対応iPhone アプリケーションがApp Storeに初登場~

クウジット株式会社 2008年09月17日

クウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉隆彦、以下クウジット)は、株式会社リクルートが提供するサービス『Hotpepper for iPhone』に、無線LAN(Wi-Fi)電波で現在位置を推定する技術「PlaceEngine」を提供いたします。  『Hotpepper for iPhone』とは、自分の所在地からリクルートの「Hot Pepper」で提供する店舗情報などを検索することができるiPhoneのネィティブアプリケーションで、アップルジャパン株式会社のApp Storeより無償ダウンロードが開始されました。

■ 『Hotpepper for iPhone』とは

 グルメサイト『Hot Pepper.jp』のAPI(Webサービス)を使い、iPhoneの豊かなユーザーインターフェースに合わせて設計した新感覚のグルメサイトです。ユーザーの現在位置および飲食店の営業時間情報と連動するため、「近くで現在営業中のお店」を探し出すことができます。
 現在位置の取得にはiPhoneに標準搭載されているGPSなどの機能に加え、クウジット株式会社 ( (リンク ») ) が運営する、無線LAN (Wi-Fi)電波による現在位置推定サービス「PlaceEngine」( (リンク ») )を合わせて利用しています。PlaceEngineを採用することにより、GPSが届かないような屋内や地下街においても、精度が向上したり、位置を取得できる可能性が高くなります。

 「PlaceEngine」をご利用いただくには専用の位置推定データベース(PlaceEngineローカルDB)をPlaceEngine設定画面からダウンロードいただく必要があります。

今後、株式会社リクルートの実証研究機関であるメディアテクノロジーラボとクウジットでは、『Hotpepper for iPhone』のさらなる改善や位置情報を用いた新しいサービスの可能性について共同で検討していきます。

<『Hotpepper for iPhone』の配布形式>
『Hotpepper for iPhone』はiPhoneのネイティブアプリとしてApp Storeから無償でダウンロードできます。詳しくは iTunes App Store をご参照ください。
[App Store] -> [ジャンル] -> [ナビゲーション] -> [ホットペッパー]

以上

このプレスリリースの付帯情報

Hotpepper for iPhone

用語解説

参考:「PlaceEngine」について
(リンク »)
「PlaceEngine」とは、無線LAN(Wi-Fi)の電波情報を使って手軽に現在位置を推定し取得できる技術で、屋内や地下街のようにGPSが受信できない場所における利用や施設内におけるフロア単位での位置推定が可能になります。
詳細情報は、「PlaceEngine」公式サイトをご覧ください。

【クウジット株式会社】
「PlaceEngine」技術を開発したソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり2007年7月に設立されました。「PlaceEngine」技術のライセンス提供や開発支援、および場所や空間に連動した情報配信サービス「ロケーション・アンプ」の企画・開発・運営を行っています。

※「PlaceEngine」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「PlaceEngine」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社がライセンスを行っている技術です。
※その他の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クウジット株式会社の関連情報

クウジット株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?