イー・ガーディアン、新サービス ネット広告審査代行をスタート

フランチャイズ加盟店 販売代理店サイト審査も代行

イー・ガーディアン株式会社 2008年09月17日

ブログ、SNS、掲示板投稿監視事業のイー・ガーディアン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高谷 康久 以下イー・ガーディアン)は、ネット広告の掲載先サイトの内容を審査代行するサービスを開始致しました。

本サービスは、イー・ガーディアンがこれまでの監視経験から得たノウハウを元に、広告掲載先のサイトが不適切でないか、また、広告の表現が勝手に変更され、法令に触れる標記になっていないか、広告出稿主様に代わってサイトを巡回し、審査を行います。

また、広告のみにとどまらず、フランチャイズ加盟店や販売代理店のサイトも審査対象とし、違法表記の審査はもちろん、商品名、ブランドの誤った表記がないか、ロゴマークが勝手に加工されていないか等も合わせてチェックを行い、企業ブランドの保護、コンプライアンス対策をサポート致します。


【ネット広告審査代行サービス概要】


○広告掲載サイト審査サービス

通年審査、スポット審査、共にご利用いただけます。
審査対象のサイト、チェックすべき広告表記内容など、事前の打ち合わせによって決定し、ご要望に合わせてネットを巡回、審査を代行します。
また、ご要望に応じて、広告の非掲載依頼まで行うことも可能です。対象サイト数に応じて、運用費を決定させていただきます。

初期費用:20万円~
月額費用:20万円~
スポット審査費用:30万円~


○加盟店、代理店サイト審査サービス

通年審査、スポット審査、共にご利用いただけます。
審査対象のサイト、業界独自の違法表記リスク、表記の注意すべき傾向など、事前の打ち合わせによって決定した上で、サイトの情報が更新される毎に管理ツールで審査を行うケースや、定期的にユーザー画面を巡回して審査を行うケースなど、ご要望に応じてサービス設計を行います。

初期費用:20万円~
月額費用:20万円~
スポット審査費用:30万円~




【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
名称   :イー・ガーディアン株式会社
本社所在地:東京都港区麻布十番1-2-3
代表者  :代表取締役社長 高谷 康久
設立   :1998年5月
社員数  :120名(アルバイト含む・2008年4月1日現在)
URL    : (リンク »)


【イー・ガーディアンのサービスについて】
■ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング
約80サイト、1日25万件の投稿チェックのノウハウを生かし、ブログやSNSなどのCGMを、より活性化させる企画案や、ユーザーにとって、安心安全に利用できる環境を提供するための運用コンサルティングを行い、サイトの価値の向上・収益性の向上をご提案致します。

■ブログ・SNS・掲示板24時間リアルタイム投稿監視業務
サイトのコンセプトを踏まえた上で、最適な運営(掲載可否の基準、監視対象範囲の設定、システムと有人監視の連動など)を提案致します。サイトの活性化を目的とした運用の提案を行いますので、単なるアウトソーシング先ではなく、サイト運営パートナーとしての責任ある対応を行います。

■カスタマーサポート業務
ユーザーとの直接の窓口であるメール・電話サポートも24時間365日対応可能です。監視業務と連動したサービスの構築で、ユーザーにとってより快適なサイトの構築が可能になります。

■風評調査業務
ネット上に無数に溢れる企業情報を収集し、ネガティブ、ポジティブの分析を行った上で、詳細にレポーティング致します。機密情報が漏洩していないかチェックしたい、企業評価のリアルな現状を知りたい、競合他社の評価を知りたい。そんなご要望にお応えします。

イー・ガーディアンのサービスに関する情報はこちらでご参照下さい。
(リンク »)


【本件に関する問合せ先】
イー・ガーディアン株式会社
担当 : 営業本部 小田
TEL  : 03-5575-2561
E-Mail: pr@e-guardian.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イー・ガーディアン株式会社の関連情報

イー・ガーディアン株式会社

イー・ガーディアン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!