FalconStor NSS Gatewayが ストレージ仮想化デバイスとしてVMware認定を取得

VMware Site Recovery Managerの柔軟性を向上 高速・高信頼性データリカバリのためのオープンなストレージ仮想化とプロビジョニングを実現

ファルコンストア・ジャパン株式会社 2008年09月18日

- 2008年9月15日 ニューヨーク州 メルビル発 - 統合バックアップ&高速リストアソリューションのリーディングカンパニーである FalconStor Software,Inc. (NASDAQ:FALC)は、同社のストレージ仮想化・データ保護ソリューションである「FalconStor Network Storage Server (NSS) Gateway」が、「VMware Infrastructure 3」の対応ソリューションとして認定されたことを発表いたしました。

VMwareのストレージ仮想化デバイス認定が完了したことで、「VMware Site Recovery Manager」を使用するVMwareの環境において、ファルコンストアのオープンなストレージ仮想化・ディザスタリカバリ製品による高速で信頼性の高い、簡単でハードウェアに依存しないリカバリが可能になります。


「FalconStor NSS Gateway」は、あらゆるベンダーの既存のストレージアレイへのストレージ仮想化およびレプリケーションゲートウェイとして稼動するエンタープライズクラスのSANソリューションで、VMware ESXの仮想ディスクをプロビジョニングし、マルチベンダのSAN環境における「VMware Site Recovery Manager」の利用を可能にします。
「FalconStor NSS Gateway」は、VMware認定ストレージ仮想化デバイスの中で、オープンなソフトウェアベースのストレージ仮想化ゲートウェイとして際立った存在です。


ファルコンストアのBusiness Development担当Vice PresidentであるBernie Wu (バーニー・ウー)は次のようにコメントしています。
「われわれは、次の3つの理由から、FalconStor NSS GatewayがVMware仮想化環境にとって理想的なストレージ仮想化ソリューションであると確信しています。まず、オープンなストレージ仮想化&プロビジョニングプラットフォームであり、VMwareユーザは、ローカルでも遠隔地のDRサイトでもVMware認定のストレージハードウェアを自由に選択できること。次に、どのようなVMware認定ハードウェアまたはプラットフォームであっても、VMware Site Recovery Managerの機能を利用可能にし、時間とコストを節約できるWANに最適化されたレプリケーションサービスを可能にすること。最後に、最も重要なことは、各アプリケーションに対応するファルコンの特許技術であるスナップショット機能により、FalconStor NSSは、データセンタの障害時に高速でトランザクション整合性を保ちつつ高速で確実なリカバリを可能にすることです。


ガートナーのStorage Technologies & Strategies 担当Research Vice PresidentであるDave Russell氏は次のようにコメントしています。
「サーバ仮想化および統合化により、システムやデータの可用性を最大限にし、物理的なリソースを有効活用して管理の時間とコストを最小化することができ、一方で、データセンタのスペースや電力を削減することができます。そのためには、ストレージインフラの物理的な構成を問わず統合化されたデータ保護や高可用性が可能なストレージ仮想化が重要です。」


「FalconStor NSS Gateway」により、VMware Hardware Compatibility Listにあるあらゆるファイバーチャネル(FC)SANシステムがVMware Site Recovery Managerへの統合が可能となり、高速WANレプリケーション、ならびに幅広いアプリケーションに対応したスナップショットの利用が可能となります。
「FalconStor NSS Gateway」によるVMware環境のデータ保護サービスには、以下のような先進の機能があります。


・プライマリのデータセンタおよびDRサイトで、ストレージハードウェアにどのようなヘテロジニアスな機器が混在しても、マルチベンダのストレージアレイを利用することが可能となります。


・VMware ESX用の「Application Snapshot Director」が、VMware Site Recovery Managerを補完し、アクティブなアプリケーションデータ(Microsoft SQL Server、Sharepoint、Exchange、Oracle Database、 Lotus Notes、Sybase Database Management、IBM DB2)を、トランザクションの完全性を確保しながらリモートのDRサイトに完全にレプリケートすることが可能となります。


・「FalconStor MicroScan Thin Storage Replication」が、より効率的なプライマリ-DRサイト レプリケーションを実現し、より高速なフェイルバックオペレーションを可能にするよう、WANの帯域利用を最適化します。


・ローカルの物理サーバからリモートのバーチャルマシンへのフェイルオーバをサポートすることで、すべてのバーチャルマシンを災害中に確実に復旧可能とし、リモートのDRサイト用のサーバハードウェアを追加するコストを削減しながら、データセンタのVMwareインフラへの移行を支援します。


・ビジネスアプリケーション用のスナップショット・エージェントソフトウェアが、データの整合性を確実にし、物理サーバと仮想サーバの両方で稼動するアプリケーションが常にフェイルオーバ可能な状態になります。


・ローカルストレージとリモートストレージのシンプロビジョニングが、ストレージの統合コストを削減し、長期的な電力消費を低減します。



VMware社のVice Presidentでアライアンス担当のParag Patel氏は次のようにコメントしています。
「ファルコンストアは、VMware Infrastructure用のストレージ仮想化とデータ保護ソリューションの認定のために、VMwareと密接に協業してきました。FalconStor NSS Gatewayは、ヘテロジニアスなストレージプラットフォームをサポートすることにより、VMware Site Recovery Managerのユーザに、コスト効率の高いDRシステムのプランニングとインプリメンテーションにおける多大な柔軟性を提供します。」


損害保険ビジネスに特化した金融サービス企業であるW. R. Berkley Corporation (NYSE: WRB)は、VMware Infrastructureによる環境に「FalconStor NSS Gateway」を導入しています。
DRでは、VMwareバーチャルマシンが、「FalconStor NSS Application Snapshot Director」を使ってリモートのDRサイトにレプリケートされています。
W.R. BerkeleyのVicePresident でITサービスオペレーションを担当するTom Whelans氏は次のようにコメントしています。
「われわれのバーチャルインフラストラクチャとしてVMwareを利用するに当たり、非常にすばらしい効率化を実現することができました。FalconStor NSSにより、任意の時点でDRサイトへのフェイルオーバが可能となり、アプリケーションを認識するスナップショットをリモートサイトにレプリケートすることができます。われわれは、ファルコンストアとVMwareのソリューションの組み合わせに非常に満足しています。」


_____________________
■FalconStorについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
(リンク »)
(リンク »)
FalconStor Software, Inc.(本社:ニューヨーク州 メルビル、NASDAQ: FALC、以下 FalconStor)は、統合バックアップ・プラットフォームのリーディングカンパニーです。ストレージ/ネットワーキングで豊富な経験と技術力を持つメンバにより2000年に設立され、米Forbesによる2008年度「America’s Fastest-Growing Technology Companies」で第5位にランクされました。
FalconStorのソリューションは、ネットワークベースの「IPStor」仮想ストレージをプラットフォームとして、「Continuous Data Protector」、「Network Storage Server」、「Virtual Tape Library」などがあります。効率的でインテリジェントなバックアップ機能が特長で、データ保護、ディザスタリカバリ、BCP(事業継続計画)に最適なソリューションとして、国内外の主要大手ハードウェアベンダまたはソリューションプロバイダを通じて、世界中の金融、通信、航空、製造、エネルギー、政府、ヘルスケア、教育など、中小規模からFortune1000企業まで幅広い企業が導入しています。ファルコンストア・ジャパン株式会社は、100%出資子会社として2001年に設立されました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?