リスクモンスター、与信管理ASPサービス会員サイトにウイングアークの「SVF」を採用

帳票基盤の実現で業務効率化と紙コスト削減を実現

ウイングアーク1st株式会社 2008年09月18日

Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下 ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、法人会員向けに与信管理支援サービスを提供しているリスクモンスター株式会社(以下 リスクモンスター、本社:東京都千代田区)が、顧客満足度の向上を目的に、与信管理支援サービスを提供するための中核となるASPシステム「RM2 Navi System(※)」の刷新をはかるにあたり、帳票基盤の中核システムとしてウイングアーク テクノロジーズの「Super Visual Formade」(以下、SVF)を採用され、安定したシステム運用をすすめられていることを、お知らせいたします。

リスクモンスターは、現在約3,800の法人会員向けに与信管理支援サービスを提供されており、2000年12月に「RM2 Navi System」と呼ばれるASPシステムをカットオーバーされました。「RM2 Navi System」は、顧客が利用するサービス系システム「会員向けサイト(サービスシステム)」と社内担当者が利用する管理系のシステム「管理ツール」の2つで構成されています。同社開発ソリューション部では、利用者から企業データ詳細の過去履歴の一覧表などの信用調書を帳票出力したいという要望に応えるため、この2つのシステムが共有する帳票基盤としてSVFを採用されています。当時リスクモンスターでは、将来性を考慮してオープンソースをベースとしたシステムに刷新を図られました。カットオーバー以降、顧客満足の向上につながる安定した運用環境を提供し、2006年5月には会員向けサイト(サービスシステム)をオープンソースベースのシステムに全面リニューアル、次いで管理ツールについても2008年4月にオープンソース化されています。

「RM2 Navi System」の構築にあたり、「SVF」が採用された理由は、以下の通りです。
・短期間での構築を実現する容易なGUI開発
・PDF型式の出力機能
・オープンシステム環境との連携

リスクモンスターでは、SVFの導入後、これまで紙に印刷して保管していた社内分析用の帳票データをPDFで出力し電子データにすることで、紙資源と保管コストの削減を実現されています。またご担当者様は、「画面設計などに比べ、帳票出力は最も時間のかかる仕組みであり、これを簡素化するためにもSVFは非常に有効だった。利用者からのフィードバックにも柔軟かつ迅速に対応できるのもSVFの導入効果のひとつだ」「帳票数としては5種類程度だが、1つのレポートにさまざまな書式やグラフ、表などがフォーマットされるので非常に複雑な帳票開発が必要だった。しかしSVFは、GUIが非常に使いやすいので、複雑なレポートも短期間で容易に開発することができた」と、使いやすい操作感と導入効果についてコメントされています。

今後は、「RM2 Navi System」の管理ツールを中核に、開発の効率性だけでなくシステム全体の標準化に着目し、グループ会社全体の帳票基盤としてSVFの採用を計画されています。

リスクモンスター様の導入事例詳細については以下URLをご参照ください。
(リンク »)

【補足】
注:「RM2 Navi System」について
与信管理支援サービスを提供するための中核となるASPシステム。190万社の与信情報が登録されたデータベースを活用することで約3,800の法人会員が安心して取引先とビジネス関係を構築できるさまざまなサービスを提供されています。このシステムでは、取引相手の会社の信用力がどの程度あるかを照会することができるサービス「e-与信ナビ」と、取引先の会社の信用状況の変化を始めとして取引銀行の変更や社長交代など変化があった場合にメールでアラート情報を受け取ることができるサービス「e-管理ファイル」の大きく2つの与信管理支援サービスを展開されています。

[リスクモンスターについて]  (リンク »)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理ASP事業を開始しています。グループ法人会員数は、2008年6月末時点で8,108となっております。国内最大級の企業データベースと倒産企業モデルを比較分析することにより、6段階で企業の信用力を格付しています。その格付を含めた企業情報の提供や、取引先に信用状況の変化があった場合にメールで通知するサービスの提供などを行っています。さらに近年は、e-ラーニングや人材採用支援などの人事・総務系サービスを加えたラインナップの拡充を図っており、またグループ会社でBPO事業やビジネスポータル事業を展開しています。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]  (リンク »)
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化


[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:83億円(2008年2月期)
従業員数:161名(2008年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。


<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?