≪ サーチャージ高騰により、在日外国人の日本旅行増 ≫  -- 外国人が興味を持っている都道府県ランキング 2008年8月版 --

エクスポート・ジャパン株式会社 2008年09月19日

世界最大の外国人向け日本情報ポータルサイト「ジャパンガイド」 による「外国人が興味を持っている都道府県ランキング」2008年8月版。 ●阿波踊りに外国人の興味が集まり、徳島県への訪問者が 増えました。 ●新潟県の若干の増加も、佐渡島のアース・セレブレーション2008 によるものです。 ●最近6ヶ月間、日本からのアクセスが増えています。サーチャージ高騰 により在日外国人の日本旅行が増えているためと考えられます。

【都道府県別訪問者数ランキング表 2008年8月】

都道府県 / 訪問者数 / 先月比(%)順位変動

1. 東京  102843  -4.6%
2. 京都  41947  -1.6%
3. 神奈川  35630  -2.9%
4. 山梨  32130  -2.5%  ↑1
5. 北海道  29929  -11.7%  ↓1
6. 大阪  24811  +0.1%
7. 栃木  15997  -1.0%
8. 兵庫  14091  -0.9%
9. 愛知  12751  -3.7%
10. 広島  12497  -4.9%
11. 岐阜  12198  +3.6%  ↑1
12. 奈良  11340  -3.2%  ↑1
13. 沖縄  11265  -6.9%  ↓2
14. 福岡  10857  +36.5%  ↑3
15. 千葉  10517  -5.6%  ↓1

全結果はこちらをご参照ください (リンク »)

※「外国人が興味を持っている都道府県ランキング」とは?

世界的に有名な日本情報ポータルサイトである「ジャパンガイド」が、
月間600万を超える豊富なアクセスデータを用いて統計・発表している
ランキングです。

現在、日本政府は2010年までに1000万人の外国人誘致を目指す
「ビジット・ジャパン・キャンペーン」を進めていますが、
各自治体においても海外へのプロモーション熱が高まっています。

そこでジャパンガイドが、2006年7月より「今、日本に興味を持っている
外国人は、どの都道府県に興味を持っているのか」を毎月発表しているのが、
このランキングなのです。

※ 本データ掲載の際は、事後連絡でも構いませんのでご一報いただけると幸いです。


【本件に関するお問い合わせ】
エクスポート・ジャパン株式会社
広報担当:美藤・楠
Email: pr@export-japan.com

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-3 山本ビル別館6F
Tel: 03-6214-5881 Fax: 03-6214-5883

〒541-0047
大阪市中央区淡路町2-6-9 淡路町TCビル7F
Tel: 06-6208-0161 Fax: 06-6208-0163

このプレスリリースの付帯情報

「佐渡島」

用語解説

【「ジャパンガイド」とは?】
月間600万を超えるアクセスを誇り、google.comなど海外検索エンジンにおいて、「Japan」のキーワードで常にトップ圏内にランクされている、「日本に興味を持っている外国人」のための英語による日本情報ポータルサイト。

【だから海外のユーザに圧倒的な支持!】
各地域の紹介である「Travel」セクション、生活情報が満載の「Living」セクション他すべて、外国人編集者自ら訪れたところ、経験した日本生活をもとに記事にしており、「外国人視点」で日本が紹介されています。

【ユーザ同士の交流も】
日本に興味のあるユーザ同士が意見交換を行える「Forum」セクションが特に人気で、「今」日本に興味のある人たちが常に情報交換を行っています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エクスポート・ジャパン株式会社の関連情報

エクスポート・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?