「aiship」、ユーザー購入データのクロス集計機能を搭載 / 株式会社ロックウェーブ

株式会社アップデイト 2008年09月26日

************************************************************

ECサイト開業・運営ASP「aiship」からクロス集計機能がデビューしました

************************************************************


この度、株式会社ロックウェーブ(本社:滋賀県大津市 代表:岩波裕之 以下ロックウェーブ)が提供する、携帯PC両対応 ECサイト開業・運営ASP「aiship」( (リンク ») )で、新機能としてクロス集計機能をリリースいたしました。

クロス集計とは、複数のデータを分析する機能で、例えば『どの年代の人がどの程度の金額の商品購入をしているか?』というような分析ができます。

aishipではこの度、あらかじめ準備されているデータとして、ショップで商品を購入したユーザの
 ・購入日
 ・購入額
 ・都道府県
 ・決済方法
 ・年齢
の5つのデータを取得することができ、いずれか2つを選択することで集計を行い、結果をグラフ化することに対応いたしました。
グラフ生成にはFlashを使用しており、表示もスムーズに行なえます。
また、クロス集計で取得されるデータは全てリアルタイムで反映します。
注文(コンバージョン)があった情報をリアルタイムでデータに反映できることによって、より新鮮な情報で分析を行えます。

クロス集計機能を活用することにより、ショップユーザの購入額や年齢の分布を一目で確認できる他、どの年代のユーザがどの程度の金額の商品購入をしているか、どの程度の金額に対してどんな決済方法が使用されているかなどを測ることが出来るようになります。
例えば購入日と年齢を用いて集計を行うことにより、どの年代がどの曜日にコンバージョンをあげやすいか、などの情報が得られます。
これを元に各世代向けのメルマガ配信を特定曜日に行うなどのプロモーションに生かせるようになります。

ショップを利用するユーザのより正確なデータを知ることで、サイトの改善やプロモーションなどの見直しを行い、よりよくコンバージョンを得られるようになることが期待されます。
クロス集計機能はaiship標準機能であり、ご利用に追加費用は発生しません。
aiship管理画面上からクロス集計をぜひ体験して下さい。


――――――――――――――――――――――――――――――

■aiship
(リンク »)
携帯とPCの両方でネットショップの開店・運営を実現するASPです。
アクセス解析、単品管理、メール一斉高速配信、独自ドメインなどの多機能パッケージが月額¥9,800-でご利用いただけます。
また勝手サイトでは難しかった携帯サイトへの集客においても、携帯向けプロモーションサービス計40サービスとの独自連携を行い、ショップオーナーの集客を強くバックアップします。

――――――――――――――――――――――――――――――

■株式会社ロックウェーブ
(リンク »)
本社:滋賀県大津市におの浜4-7-5 オプテックスビル4F
設立:2005年10月14日
代表取締役社長:岩波裕之
携帯向けECプラットフォームの開発・提供と、携帯CGMサービスの開発・提供及び、誰でも手軽に時代相応のマーケティングが可能な仕組み作りを通じて、サービス提供者と消費者両者の感動・価値を創造し、携帯EC市場の拡大に繋げるサービスを提供しています。

――――――――――――――――――――――――――――――

■本件に関するお問合せ
株式会社ロックウェーブ
広報:昆・山岡
電話番号: 077-525-1073
FAX番号: 077-525-1873
E-Mail: info@rockwave.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――

【配信元】 MMD研究所  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アップデイトの関連情報

株式会社アップデイト

株式会社アップデイトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから