最長40Kmの100Mメディアコンバーター CentreCOM MC1502A/AT-MC152B新発売

CentreCOM MC1500/MC2500シリーズが動作時温度50℃に対応

アライドテレシス株式会社 2008年09月29日

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、 ファーストイーサネット・メディアコンバーターCentreCOM MC1502A、およびラインカード AT-MC152Bの出荷を9月30日より開始します。

CentreCOM MC1502A、およびAT-MC152Bは、1心シングルモードファイバーでの
100Mbps通信に対応したファーストイーサネット・メディアコンバーターとラインカードです。
ONU側のスタンドアローン型のMC1502Aと、OLT側の集合型シャーシMC2700-10
(AC100V電源)、もしくはMC2700-80(DC48V電源)で使用するラインカードAT-MC152B
を対向に接続して最大40kmの伝送を実現します。AT-MC152B は、MC2700のシャーシ
上でGbEのラインカードAT-MC251と併用することが可能なため、100M(最大40km)とギ
ガ(最大80km)の異なる帯域を1台のシャーシで提供することができます。

MC1502A/AT-MC152BはTTC規格TS-1000に準拠し、TS-1000の保守フレームにより、
リンクダウンや温度異常、電源断などの状態を検知した場合、接続先機器への通知や
LEDでの確認が可能なほか、マネージメントモジュールを使用することで、さらに詳細な
システム情報も管理できます。そのほか、リモート/ローカルポートのリンクが切断された
場合、もう一方のポートリンクを自動的に切断するミッシングリンク機能や、プッシュスイ
ッチを押すだけでループバックテスト(リモートポート間通信)をすることができます。ループ
バックテストで受信するフレームはメディアコンバーターが生成し、試験結果はLEDにより
確認することができます。

また、MC1502A、AT-MC152Bを含むファーストイーサネット・メディアコンバーターMC1500
シリーズと、ギガビット・メディアコンバーターMC2500シリーズ(販売中)ともに、0℃~50℃
の動作時温度に対応しました*。これにより屋外設置をはじめ光ファイバー通信に求められ
るより過酷な設置環境への対応が可能です。なお、MC1502Aはファンレス設計です。
MC1500/MC2500シリーズは、ファースト/ギガビットイーサネット用モジュールが混在でき、
システム計画に応じた自在な構築、拡張が可能であるとともに、全モジュールがホットスワ
ップに対応し障害時にも対象モジュールのみの交換により迅速な復旧が可能です。

* MC1501Aは製品リビジョンRev.D1以降の対応、MC2501/MC2502は製品リビジョン
Rev.H1以降の対応です。 MC2501/MC2502はAT-SPLX40/ AT-SPZX80を装着した
場合の動作時温度は0~40℃です。

製品名    標準価格(税別)/リリース予定日
CentreCOM MC1502A(RoHS)   168,000円 / 9月30日
AT-MC152B(RoHS)          168,000円 / 9月30日
-------------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから