イー三六五(さぶみっと!JAPAN)とエイムラックが提携!グループウェア「アイポ4 for さぶみっと!」の提供開始!

株式会社エイムラック 2008年10月06日

From ValuePress!

2008年10月6日
株式会社エイムラック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イー三六五(さぶみっと!JAPAN)とエイムラックが提携!
グループウェア「アイポ4 for さぶみっと!」の提供開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社エイムラック(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲、
以下:エイムラック)は、イー三六五株式会社
(本社:京都府京都市、代表取締役:島田浩二、以下:イー三六五)の運営する
「さぶみっと!ホームページ制作マッチングサイト」(以下:さぶみっと!)と
コラボレーションしたグループウェア「アイポ4 for さぶみっと!」を
2008年10月6日から提供いたします。

イー三六五では、「さぶみっと!」上でやり取りされるWEB制作案件を、
よりスムーズにWEB制作会社にお知らせできる手段を検討しておりました。
一方、エイムラックは、「さぶみっと!」に登録しているWEB制作会社でもあり、
自社開発グループウェア「アイポ」を社内で使用することで、
これまで多くのWEB制作案件を手掛けてきた実績から、
WEB制作現場でのアイポの利用促進を検討しておりました。
今回の提携では、イー三六五とエイムラックとの目的が
合致したことで実現しました。

エイムラックが提供する「アイポ4」( (リンク ») )は、
スケジュール管理やブログ、SNSなどの新しい情報共有を無償で利用できる上、
有償のサポートも受けられる、オープンソースのグループウェアです。
エイムラックでは、2008年3月にアイポをオープンソース化したことで、
より多くの企業様にご利用いただけるように、アイポの普及活動をしております。

イー三六五が運営する「さぶみっと!ホームページ制作マッチングサイト」
( (リンク ») )は、ご登録WEB制作会社数5,800社を超える
WEB案件専門の無料ビジネスマッチングサイトです。
WEB制作会社、およびクライアントの双方が互いに登録会社リストの閲覧、
条件検索、制作提案・依頼までを完全無料で利用できます。

今回の提携によって、「アイポ4 for さぶみっと!」上で、
「さぶみっと!」のWEB制作案件情報を確認できるようにしておりますので、
スケジュールをチェックする際に、
WEB制作案件の新着情報を合わせて把握できる利点があります。
また、掲示板機能やスケジュール管理機能を利用することで、
社内の情報共有とスムーズなプロジェクト管理が可能となります。


サービスの詳細については、
「さぶみっと!ホームページ制作マッチングサイト」で順次ご案内いたします。


------------------------------------------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ先】

会社名 イー三六五 株式会社
所在地 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-23 西本興産錦町ビル8階
担当者 広報担当
URL   (リンク »)
Email  info@submit.ne.jp

会社名 株式会社エイムラック
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-12 アインツビル2F
担当者 広報担当
URL   (リンク »)
Email  support@aipostyle.com

------------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エイムラックの関連情報

株式会社エイムラック

株式会社エイムラックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?