株式会社フリーセル、プレジデンツ・データ・バンク主催のセミナーで講演

株式会社フリーセル 2008年10月08日

From ValuePress!

詳細はこちら⇒ (リンク »)

 株式会社フリーセル(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:武吉 広大)は、
2008年10月21日、プレジデンツ・データ・バンク株式会社(所在地:東京都
中央区、代表取締役:高橋 礎氏)主催の「3ヶ月で勝ち組WEBサイトになれる!!
ベンチャー企業のためのリスティング基礎講座」に協力し、ベンチャー企業の
ためのリスティング基礎について講演を行います。同講座の第1部ではオーバ
ーチュア株式会社も講演を行います。

 当講演の詳細は、以下の通りです。

------------------------------------------------------------------------
■開催概要
◆タイトル
【第13回 広報・PR講座】「3ヶ月で勝ち組WEBサイトになれる!!
ベンチャー企業のためのリスティング基礎講座」

◆主催
プレジデンツ・データ・バンク株式会社 ( (リンク ») )

◆会期
2008年10月21日(火) 17:30~20:30
※受付開始は 17:15となっております。
※講演開始後の途中入退室はお断りさせて頂いております。予めご了承下さい。

◆会場
TKP銀座ビジネスセンター ホール8A
 住所 : 〒104-0061 中央区銀座6‐17‐2 ビルネット館2号館 8F
 TEL : 03-5148-8701
 (詳細はこちら  (リンク ») )

◆対象
経営者・経営幹部・広報/マーケティングご担当者様

◆参加費
1名様:15,000円(税込)

※PDB有償サービスをご利用の企業様には
割引がございます。詳しくはイベント運営事務局までお尋ね下さい。

◆お問い合わせ
プレジデンツ・データ・バンク株式会社
イベント運営事務局 担当:阿部・内野
TEL:03-3808-0777 / E-mail:event@p-db.com

※その他詳細は、以下のセミナー告知ページでご確認下さい。
(リンク »)
------------------------------------------------------------------------

 当社は、中小・ベンチャー企業を対象としたWebコンサルティング事業を
主軸に展開する中、2006年4月にSEM事業を開始。2007年12月には「オーバー
チュアオンライン代理店」に認定されました。投資対効果を意識した広告
運用で定評を受け、500社に対してリスティング広告のコンサルティングを
提供しています。

 2部構成の当講演において、オーバーチュア株式会社マーケティング コミュ
ニケーションズ マネージャー河田顕治氏が第1部を、当社常務取締役の木村
裕紀が第2部の講師を担当致します。

 既にリスティング広告を導入済みの企業はもちろんのこと、潜在・認知層
にある中小・ベンチャー企業の社長様や広告宣伝担当者様へ対し、当社が
手掛けた多数の事例紹介に加え、既存Webサイトの導線改善コンサルティング
との連動を踏まえた効果的な出稿、及びPDCAサイクルに基づいた運用方法に
ついてをご紹介致します。



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社フリーセル 広報担当:CS部 小川 悟
E-Mail: press@freesale.co.jp
TEL  : 03-5457-1311   FAX  : 03-5457-1395
<お電話が繋がる時間帯:9:30~18:30頃迄 >

関連サイト:「Webコンサルタント.jp」  (リンク »)

《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フリーセルの関連情報

株式会社フリーセル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!