イーベック、BioJapan2008で緊急講演決定

何故、わが国のバイオベンチャーで初めてビッグファーマに技術導出できたのか

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年10月10日

(ビジネスワイヤ)-北海道のバイオベンチャー企業、イーベックがドイツBoehringer Ingelheim社(BI社)に、5500万ユーロのマイルストーンと売り上げに応じたロイヤルティーで、抗体医薬を2008年10月2日に技術導出した。これはわが国のバイオベンチャー企業が、欧米の製薬大手に大型ライセンスした第一号だ。イーベックの成功の陰に何があったのか?ドイツから帰国直後に、同社の高田賢蔵代表取締役会長(北海道大学遺伝子病制御研究所癌ウイルス分野教授) と土井尚人代表取締役社長に緊急インタビューを行い、成功の秘密を明らかにした(詳細はBTJの関連記事参照: (リンク ») )。

 なお両氏は、2008年10月16日、午後1時30分から2時30分まで、横浜で開催されるBioJapan2008で緊急講演「イーベックの成功の鍵はこれだ」を行う。本セミナーは事前登録なしで聴講が可能。展示会事前登録をお済ませの上、総合受付で来場者バッジを引き換えの後、当日会場(パシフィコ横浜国際会議センター304室)まで直接お越しいただきたい。(Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満)

バイオジャパン展示会事前登録はこちらから: (リンク »)
お問い合わせ先
日経BP社事業局 バイオジャパン2008運営事務局
電話: 03-6811-8084
Email:bio08@nikkeibp.co.jp
プレス登録先
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから