zen-deraプロジェクト、Zen-Cartを携帯電話に対応させる「ケータイショップ開店パックPlus」の最新バージョンを発表・専用サイト開設も

有限会社フロッグマンオフィス 2008年10月14日

From DreamNews

zen-deraプロジェクト( (リンク ») )は10月14日、ネットショップ構築ソフト「Zen-Cart」を携帯電話に対応させる「ケータイショップ開店パック Plus」の最新バージョンを発表した。
「ケータイショップ開店パック Plus」はドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアに対応し、
 ・携帯電話の端末IDを利用した「かんたんログイン」
 ・商品画像を機種別に最適なサイズで表示
 ・郵便番号による住所入力補助
など、多彩な機能を備えた携帯電話向けネットショップ構築モジュール。100社以上のネットショップへ採用されるなど、Zen-Cartの携帯電話対応モジュールとしてはトップクラスの導入実績を有している。
最新バージョンとなる「v2.0.3」では、以下の機能追加・修正が行われた。
 ・FAX番号欄の表示・非表示に対応
 ・「ショッピングカート」モバイルボックスのレイアウトを修正
 ・支払い方法選択画面における処理ロジックを一部修正
 ・メタタグに'keywords'、'description'を追加
 ・ルミーズ決済の送信先URL変更に対応
また、本製品の専用サイト( (リンク ») )も開設した。
専用サイトでは本製品の導入事例やFAQ、他の携帯電話対応モジュールとの機能比較などを確認することができる。
製品詳細: (リンク »)
【本件の連絡先】
◆ZenCartモジュールの開発と販売「zen-deraプロジェクト」
◆URL: (リンク »)
◆e-mail:tommy@zen-dera.jp
◆TEL:050-5532-5388
◆有限会社フロッグマンオフィス(zen-deraプロジェクト運営会社)
◆〒810-0075 福岡市中央区港2-12-16-601

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!