シナプティクス、革新的ジェスチャー機能2種類をTouchPad(TM) ジェスチャーライブラリーに追加

~シナプティクス TouchPadsにChiralRotate(TM) とTwo-Finger Flickが加わり、ノートパソコンや周辺機器でのより直感的で簡単な操作を実現~

シナプティクス・ジャパン株式会社 2008年09月30日

【東京発-9月30日】モバイルコンピューティング、コミュニケーション、エンターテインメント機器などのヒューマン・インターフェース・ソリューションのリーディングデベロッパーであるシナプティクス(ナスダック:SYNA)は30日、2種類の新しいジェスチャー機能「カイラルローテート(ChiralRotate)」と「ツーフィンガーフリック(Two-Finger Flick)」を発表しました。これらのジェスチャーは、多数のノートパソコンやキーボードなどの周辺機器で採用されているシナプティクス・タッチパッド(Synaptics TouchPads)のジェスチャー認識能力のポートフォリオを強化するものです。


・カイラルローテート - 1本の指で円を描くように動かすことで、アプリケー ション内の画像や写真を簡単かつ容易に回転することができます。


・ツーフィンガーフリック - アプリケーションに応じて、2本の指で水平にフリックすると、画像、文書、オブジェクトなどを前後にナビゲートでき、垂直にフリックすると、アプリケーションの最小化/最大化が可能です。


 今年初めに発表されたシナプティクス・ジェスチャー機能(「カイラルモーション(ChiralMotion(TM))」「ピンチ(Pinch)」「モメンタム(Momentum)」)と整合性があるカイラルローテートとツーフィンガーフリックは、多くのマイクロソフトWindows アプリケーションに対応し、業界をリードするシナプティクスの「タッチパッド(TouchPad(TM))」とタッチセンシティブ・インターフェースとを統合しているノートパソコンやキーボードなどの周辺機器に多大な価値と生産性の向上をもたらします。カイラルモーション機能は多様な有用性能試験(Usability Test)を通じて、タッチパッド上で指を連続して円運動させることが、ユーザーの行う最も望ましい自然なジェスチャーであることを一貫して実証しました。


 シナプティクスのPCビジネス部門担当副社長であるマーク・ヴェナ(Mark Vena)は、次のように述べています。「カイラルローテートとツーフィンガーフリックの追加は、あらゆるタイプのPCアプリケーションのイノベーションと、使い勝手の良さの向上を推進するシナプティクスの変わらぬコミットメントの現われです。一般ユーザーとビジネスユーザーはノートパソコン・システムとPC周辺機器で作業をより迅速に、また直感的に行う方法を常に求めており、これらの新しいシナプティクスのジェスチャーは、正にその実現を目指して開発されました」。


 カイラルローテートあるいはツーフィンガーフリックで強化されたタッチパッドを使用した場合、写真・グラフィックスに関係する作業はこれまでよりもはるかに効率的になります。ユーザーはカイラルローテートでタッチパッドから指をまったく離すことなく数多く普及しているWindows アプリケーション内で画像を回転することができます。さらにツーフィンガーフリックで画像を迅速に操作することができます。


 これらのジェスチャーは、従来のスクローリングに代わる画期的な先端ジェスチャーであるシナプティクス・カイラルモーションなど、その他のジェスチャー・オプションとして追加されます。さらに、ジェスチャー機能を含めすべてのタッチパッド設定は、ほとんどのノートパソコン・システムに組み込まれる非常に直観的なシナプティクス・コントロールパネル上でオン/オフ切り替えも可能で、利便性を向上させております。


製品出荷時期:これら新たに強化されたジェスチャー・オプションは、ノートパソコンとキーボード機器向けシナプティクス・タッチパッドに搭載されており、10月下旬より入手可能です。シナプティクスのカイラルローテートとツーフィンガーフリックに関する詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
( (リンク ») )



■シナプティクスについて
 シナプティクス (ナスダック:SYNA) は、モバイルコンピューティング、コミュニケーション、およびエンターテイメント業界向けインターフェース・ソリューションのリーディングデベロッパーです。ノートパソコン、PC周辺機器、デジタル音楽プレーヤーおよび携帯電話などの多様なデバイスのインターフェース・ソリューションを開発しています。シナプティクスの中核製品であるタッチパッド(TouchPad(TM)) は、今日のノートパソコンの大半に組み込まれています。家電・コンピューターメーカーは、より優れた使い勝手と機能性および工業デザインを通じて、人間とインテリジェントデバイス間のインタラクションを強化するシナプティクスのソリューションを採用しています。本社、米カリフォルニア州サンタクララ( (リンク ») )。シナプティクス・タッチパッド用ジェスチャーについては、 (リンク ») をご覧下さい。


Synaptics、ChiralMotion、ChiralRotate、TouchPad、NavPoint、ClearPadおよびSynaptics のロゴは、シナプティクスの米国および/またはその他の国における商標です。



■報道関係者お問い合わせ先
シナプティクス・ジャパン 株式会社 広報担当(エデルマン・ジャパン)
市野 剛、小谷 敦子
電話番号: 03-6403-5206 / 5216
FAX番号: 03-6403-5201
Email: go.ichino@edelman.com、atsuko.kotani@edelman.com


Synaptics
Rebecca Parr
電話番号: +1-408-454-5178
Email: rparr@synaptics.com

このプレスリリースの付帯情報

Two-Finger Flick

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シナプティクス・ジャパン株式会社の関連情報

シナプティクス・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?