『岩手県教育委員会、県立高校75校すべてに「サイボウズ Office 7」 を一括導入 ~ 教職員から生徒までグループウェアを活用 ~』

サイボウズ株式会社 2008年10月27日

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久(戸籍名:西端 慶久)以下サイボウズ) は、岩手県教育委員
会様(所在地:岩手県盛岡市 委員長:箱崎 安弘)が、県立高校
75校において、中小規模向けグループウェア「サイボウズ Office
7」を導入いたしましたので発表いたします。教育機関におけるサ
イボウズ製品の導入はこれまでにもございましたが、今回のように
教育委員会様主導のもと、県下全高校への一括導入といったケース
は初めてです。

●導入の背景
今回、「サイボウズ Office 7」の導入に至った経緯は、2000年頃、
岩手県立水沢商業高等学校が文部科学省による情報化指定校となり
、情報化へ積極的に取り組みを行っていた折、当時の担当者が、パ
ソコン雑誌のサーバー特集で偶然「サイボウズ Office」のことを
知り、「企業で便利なものは教育現場でも使えるのではないか」と
思い、当時の「サイボウズ Office 3」を導入してみたことが発端
でした。

●教職員から生徒まで活用するグループウェア
グループウェアの活用は、校長を始めとした管理職が率先して推進
することで浸透していきました。特に教職員間の連絡事項について
は掲示板を活用することにより、その結果、朝会の時間が大幅に短
縮され、その分、生徒のための話し合いの時間が増えるといった効
果を得られました。また、水沢商業高校では各教室に1台のパソコ
ンを設置し、生徒も自由に使うことができます。「サイボウズ Off
ice」へのアクセスは閲覧のみ許可し、主に学校からの連絡などに
利用しています。中でも落し物の連絡などは写真付きで掲示され、
具体性をもって伝えることができるので落とし主の発見率も高いと
のことです。

●今後の展望
水沢商業高校での導入効果が認められ、岩手県教育委員会様では今
回の一括導入を決定しました。そして、同校にて培ってきた活用ノ
ウハウを他校へも伝承するため、各高校のシステム担当者が県の研
修センターで一同に会し、2日間に渡って「サイボウズ Office 7」
の活用ノウハウについて研修が行われました。今後、研修の成果、
そして各高校におけるグループウェア活用の成果が期待されていま
す。

■導入事例詳細
(リンク »)

■水沢商業高校にて活用されている「Office 7」掲示板の画面
(リンク »)

■研修の様子
(リンク »)

■サイボウズ株式会社
URL : (リンク »)
設立 :1997年8月8日
資本金 :5億5,300万円(2008年1月31日現在)
代表者名:代表取締役社長 青野 慶久
所在地 :東京都文京区後楽一丁目4番14号 後楽森ビル12階
事業内容:情報通信、情報提供に関するサービスやソフトウェアの
     開発、販売、保守
------------------------------------------------------------
《本件に関するお問い合わせ先》
■サイボウズ株式会社 (リンク »)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階

■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
 マーケティングコミュニケーション部 PRグループ 村松
 pr@cybozu.co.jp TEL: 03-5805-9037 FAX: 03-5805-9036

■一般の方からの製品・購入についてのお問い合わせ先
 サイボウズ インフォメーションセンター 
contactus@cybozu.co.jp
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
 は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ株式会社の関連情報

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから